≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

■現在の大局観 

 引き続き、様子見です。

 ただし、前回の記事の時に比べると、ショートにかなり傾いています。

 理由としては、いくつかあります。

・中国のPMIの50割れ
・雇用統計が3ヵ月連続低水準
・米国金利チャートが下げを示唆

 以上が大きいところです。

 また、日本の小型株は強い動きですが、一方で、大天井の条件「加熱」を満たしています。

 いつ急落が来てもおかしくないと思っています。


←全日本株式投資選手権のリンクです。通算成績は約+2800%です。


応援クリック、よろしくお願い致します。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ







スポンサーサイト

■忍耐 

 現在、前回とスタンスはほとんど変わっていません。

 世界株式の全体相場については、すでに長期の上昇期間は十分長く、かつ、昨年央からの短期上昇日柄もピークアウトしても全く不思議でない長さになってきています。

 一方、何年間も「景気後退予想」を言い続けているエコノミストを見ると、先入観から景気後退を決めつけるのも問題があると感じさせられます。今のところ、明確に景気後退を示唆する指標はあまり見当たらないというのが自分の見方です。、いままで書いた記事に照らしても、まだ少し時間がありそうです。

 現在は「忍耐」ですね。でも、この忍耐がビッグチャンスにつながる可能性もあります。

 なぜ、リーマンショック後のような「ビッグチャンス」で買えないのか?それは、株好きに限って、この時期に資金がなくなっていることが多いからですよね。次のビッグチャンスはものにしたいものです。


←全日本株式投資選手権のリンクです。通算成績は約+2800%です。


応援クリック、よろしくお願い致します。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ







■待ちの姿勢 

 現在は、「待ちの姿勢」です。

 面白くはないですが、まあ、仕方ないかなという感じです。

 世界的上昇相場は8年となりました。さすがに、ここから買いで強気にいく気はしません。一方、経済指標は先行指数・現況指数ともに強く、上昇をサポートは出来ています。上昇が長いからという理由で売りに行く気もしません。ただし、昨年から続く短期循環的にも、そろそろピークアウトを株価が織り込みだしてもおかしくはありません。

 ちなみに、個人的意見ですが、自分は政治に関する記事を書かない・・・というか、そもそも、株価の長期循環に対して政治ができることは非常に限定的と考えています。アベノミクスとかいう言葉自体ばかばかしい。世界的景気上昇が8年続けば、だれが首相やっても、株価は上昇したと思います。

 今は、「待ちの姿勢」としかいいようがありません。


←全日本株式投資選手権のリンクです。通算成績は約+2800%です。


応援クリック、よろしくお願い致します。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ







■株価/景気のピークアウトの時期 

 現在、景気のピークアウト、株価のピークアウトがいつ頃になるのか考えています。

 世界全体をみると、基本的には、2009年以降上昇を続けているわけで、8年が経過しています。

 こうなると、基本的にはあまり強気にはなれないわけですが、一方で、上昇期間が長いからというだけで、本格的にショートを組むつもりもありません。

 株価は景気に先行するといわれていますが、ほぼ同時の事もあります。前回、前々回の株価のピークアウトは、ほぼ米国の雇用統計の大幅悪化と重なっており、今回も、「きっかけ」は米国雇用統計ではないかと予想していますが、実戦的には、これが起こるより早く予想しなければ対応は難しくなります。まあ、年間200万人の雇用増加が何年も続く事は、米国の人口を考えると物理的にあり得ないので、もう、いつ急減が起こってもおかしくない状況との認識です。

 先読みの観点の一つとして、米国の不動産市場に注目しています。前回の景気循環のケースでは、米国のケースシラー指数(不動産価格)が株価よりも約1年早くピークアウトしているので、今回もこの指標には注目しています。現在は、まだ、高値更新中です。米国の不動産市場は、「中古住宅成約指数→中古住宅販売→ケースシラー指数」の順番にピークアウトするのが標準的です。

 運よく全日本株式投資選手権では優勝し、このブログは閲覧者が多くなりました。ただ、「真価」については、今回の株価のピークアウトを読み切れるかどうかが最も重要と思っています。

←全日本株式投資選手権のリンクです。通算成績は約+2800%です。


応援クリック、よろしくお願い致します。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ







(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)