≪ 2010 02   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2010 04 ≫
*admin*entry*file*plugin
2010年03月の記事一覧

■本日の相場 

 本日は、225指数は小動き、予想通りの展開です。新興市場は、ザラ場で戻り高値奪回。本日時点では、「高値(含む)から4日押しの反発となりました。

<新興市場/押し目の研究>再掲
■「安値からの上昇が3ヵ月以内、GCから1ヵ月以内」
 マザーズ 2009/4  上昇約1ヵ月半、高値から4日、下落率 △5.2%
 JQ     2010/2  上昇約1ヵ月半、高値から5日、下落率 △4.6%
 JQ     2004/2  上昇約2ヵ月半、高値から3日、下落率 △2.9%
 JQ     2003/5  上昇約2ヵ月半、高値から10日、下落率 △3.6%
 JQ     1998/12  上昇約2ヵ月、高値から4日、下落率 △2.1%

■考察
 最も、多いパターンが「高値から 3~5日」、平均下落率で△3.7%

 今回も、通常パターンとなりました。過去5回の「その後」ですが、最大公約数的にいうと、「日柄揉み合い→上昇」と過去は推移しました。
 
 私の現在の作戦は、「新興銘柄押し目買い」です。225銘柄は、NYと連動した調整を待ち、低位株狙いです。

 今回も、若干短期チャートでは過熱感もあるので、「揉み合い」が有力です。ただし、個別銘柄では、徐々に上昇する銘柄が増えてきそうです。今回は、「新年度入り」という時期もあり、揉み合い期間が短く、上昇に転じるのは早いと見ています。いずれにせよ、この段階では「買い継続」です。

 実践売買30 25日線突破 「8739 スパークス」

■応援クリックよろしくお願い致します。

●最新の注目銘柄を人気ブログランキング、株ブログのコメント欄に書く事にしました。● 

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング








スポンサーサイト

■本日の作戦 

 私は、大雑把に言って、先週から今週は、「新興銘柄の第二の仕込みの週」と考えています。

 したがって、すぐに急上昇しなくてもかまわない位の気持ちで仕込んでいる訳ですが、銘柄によっては、今週より動き出す可能性もあります。

 「なるべく回転を効かせたい」

 押し目買いで仕込んだ銘柄に追撃買いを入れる場合、例えば、「5日線を上抜けてくる」「出来高が急に大きくなる」パターンの場合、私は追撃していきます。

 追撃買いが成功すれば「単純保有」よりも格段に回転が効いてくる訳ですが、今までは自分の経験値に基づいて行っていました。(成績は上々です。)「統計による体系化」を目指したいところです。

 自分で言うのも自慢げであるとは思うのですが、例えば、1部銘柄で月曜の夜にコメントした、5727東邦チタニウム、5411JFE、8595ジャフコ、「3銘柄とも火曜日もかなりの上昇率」であり、このような部分についても、「統計による体系化」が出来ないかどうか検討しようかと思っています。

 週末から、統計にチャレンジしてみるつもりです。

■応援クリックよろしくお願い致します。いつも有難うございます。  

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング






■本日の相場 

 本日は、1部市場は小動きでした。このブログで取り上げたところでは、5727 東邦チタニウムや、5411 JFE-H 辺りが強かったようです。

 本日、私が注目したのは、実践売買銘柄の8595 ジャフコ 、2435 +132 で高値を取ってきました。ジャフコの、(特に)マザーズ市場に対する先行性は、過去にブログで取り上げましたが、今回も、良くも悪くも先行しているようです。

 新興市場でもう一つ注目しているのは、4819 Dガレージ 213,300 + 11,500 サイバーが調整中にしっかり出てくる所がポイントです。いずれにせよ、今回の新興市場の調整が、マザーズ指数で「調整4日 調整率△4%」となる可能性が結構大きくなってきました。勿論、明日、本日の安値を下回らなければ、確率はより増してきます。外人のマザーズ買い越し額が、大きくなってきている所からも、新興市場の調整は限られると見ています。

 外人買いについては、勿論、(ハンドリングしているのが日本法人であるにせよ)、彼らが相場巧者である事もあるのですが、要は、「森は少し遠くから見た方が形がわかる」部分もあるように思います。

 加えて、「狩猟民族気質=獲物がいる確率が高い所はとりあえず攻めてみる」ような気質も関係あるんではないでしょうかね。日本人は、やっぱり「農耕民族=リスクを極端に恐れ、人と同じ行動をとりたがる」部分で、相場では損をする傾向はあるみたいです。美徳ではあるんですが、相場にはマイナスでしょう。

 日本人も「人それぞれ」な事は言うまでもなく、「そういう傾向があるみたい」という話です。私もバリバリ日本人ですからね。ただ、マザーズ市場については、結果を見る限り、外人が先行している事は事実です。

 金融緩和なんかは、それが企業に回るにせよ、株・債権に回るにせよ、外債に行くにせよ、いずれにしても株式相場に対しては、例えるなら、ポンサレックのボディブローみたいにズンズン長期的に効いてくるわけで、「織り込み済み」とかいっているのは、やっぱり相場がうまくないとしか言いようが無いでしょうね。

 そんな訳で、「新興市場押し目買い」継続中です。

■応援クリックよろしくお願い致します。いつも有難うございます。  

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング







■来週の作戦 

 昨日の記事をまとめると、下記の通りです。

■新興市場  「安値からの上昇が3ヵ月以内、GCから1ヵ月以内 」 の類似調整パターン

 マザーズ 2009/4  上昇約1ヵ月半、高値から4日、下落率 △5.2%
 JQ     2010/2  上昇約1ヵ月半、高値から5日、下落率 △4.6%
 JQ     2004/2  上昇約2ヵ月半、高値から3日、下落率 △2.9%
 JQ     2003/5  上昇約2ヵ月半、高値から10日、下落率 △3.6%
 JQ     1998/12  上昇約2ヵ月、高値から4日、下落率 △2.1%

■考察
 上昇日柄が浅いケースでは、新興市場は、高値から3~5日、3~5%の調整が多い。

マザーズに関しては、歴史が浅く、比較可能な昨春のケースをもう少し検証してみます。
昨春のマザーズの調整は、4/27→5/1に起こりました。(その後、7月まで大きな押し目なく上昇)

■同時期の225指数の推移

4/10 9,068 → 4/20 8,499 → 5/7 9,385(高値更新) → 5/11 9,503(高値) → 5/18 8,997(安値) → 6/12 10,170 (高値)

 ゴールデンウィークなので、マザーズの調整が終わった5/1の「翌営業日」の5/7に高値をつけています。

 つまり、「マザーズ指数が上昇1ヵ月半の地点で軽い調整が起こり、同時期に225指数が高値更新する」という同パターンとなっている事になります。つまり、あまり驚くような相場パターンではなく、想定範囲内です。

 作戦としては、「新興銘柄の押し目買い→1部市場銘柄の押し目買い」の順で相場を張れば、昨春はきっちり取れた事になります。

 全くの同パターンはありえませんが、標準的パターンを頭に入れて勝負することは、悪い事ではないと考えます。

 今回も、まずは、新興の押し目を狙います。尚、その後の1部(2部)市場銘柄の押し目買いですが、上昇相場も中勢第2ラウンドに入ってきたので、「100~300円の低位株」を積極的に狙っていこうと思っています。中勢第2ラウンド辺りから、低位株はパフォーマンスが良くなってきます。週末に銘柄チェックしましたが、波動で例えると、「海底が上がってきている」感じです。これは、その押し目買いのタイミングで日記に書いていこうと思います。

 実践売買 28 「窓開け後の5日線接触」 「2428 ウェルネット」
 実践売買 29 「押し目買い」   「3749 SBI ベリトランス」

■応援クリックよろしくお願い致します。いつも有難うございます。  

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング









■新興市場/押し目の研究 

 本日は、2回目の記事になります。非常に久々ですが、それだけ、現在の局面は重要と見ているからです。特に、新興市場については、ここで買うか売るかで、本年のパフォーマンスは大きく変わってくると思います。

 そこで、「新興市場の押し目の考察」をしています。全体の読みがあって、その次に個別銘柄の読みです。

 新興市場の「連鎖安リスク回避」については、実は、高値からの数日間、一時的に警戒すればかなりの部分が防げます。26週線、25日線上での調整で最近1年の「最悪形」は、昨年7月の局面ですが、これも、「高値から5日間」で急落しており、この日柄を通過すると、ぐっとリスクが減ります。その意味で、金曜日で高値から3日間なので、月・火と警戒すれば、リスクは減ると考えています。ただし、昨年7月は、「上昇4ヵ月、短期過熱」の局面であり、現在とは、状況が違うと、一方で考えています。

■マザーズ指数・現在の状況
  
 ・3/24高値から3日(高値含む)
 ・上昇約1ヵ月半、高値454.54 → 安値 439.36 下落率 △ 3.3% 
 ・25日線と75日線のゴールデンクロスから3日目からの調整

そこで、「安値からの上昇が3ヵ月以内、GCから1ヵ月以内」という条件で、よく似た状況を検索します。

■検索
 マザーズ 2009/4  上昇約1ヵ月半、高値から4日、下落率 △5.2%
 JQ     2010/2  上昇約1ヵ月半、高値から5日、下落率 △4.6%
 JQ     2004/2  上昇約2ヵ月半、高値から3日、下落率 △2.9%
 JQ     2003/5  上昇約2ヵ月半、高値から10日、下落率 △3.6%
 JQ     1998/12  上昇約2ヵ月、高値から4日、下落率 △2.1%

■考察
 最も、多いパターンが「高値から 3~5日」、平均下落率で△3.7%です。したがって、私は、来週前半に、「警戒しながら押し目買い」です。仕込み局面継続です。
 
■応援クリックよろしくお願い致します。いつも有難うございます。  

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング







■投資環境への基本的な考え 

 現在の私の投資環境に対する基本的な考え方ですが、「投資に絶好の環境」と見ています。

 昨年10/26に、「強力先行指標/日銀当座預金残高」という記事を出していますので、再掲します。

 昨年10月以降、225指数のボリンジャーバンド-2σ割れが2回ありましたが、私は日記ではっきり宣言して買いにいき、成功を収めています。その後、実践売買銘柄で高上昇率の銘柄があり、嬉しくて何回か書いていますが、実際は「おまけ」みたいなものです。運もあります。大局観で間違わない方がずっと大事です。

 現在は情報過多の時代です。大事なのは、極秘情報を得ることでは決してありません。私はそう思います。たくさんある情報の中から、「株式投資においてもっとも強いベクトルを持つ情報」は何なのかをしっかりと見極める事。そして、その情報をベースにしっかりと作戦を立てたのであれば、日々の情報でぶれない事だと思います。

 現在の私の具体的な作戦は「新興市場の押し目買い」ですが、それはテクニカルな短期作戦です。そのずっと上位概念にある、私の土台となるの投資観を再度書きたいと思います。

■10/26 記事の再掲 「強力先行指標/日限当座預金残高」より抜粋


・・・・・・・・日銀当座預金残高は、2005年~2006年春にかけ、おおむね30~35兆円台で推移していましたが、2006年5月から急激に減り始め、2006年8月~2008年末ころまで、10兆円を割っています。その後、2008年12月頃から急速に残高が増え始め、2009年に入ってからは、12兆円程度で推移しています。

 データを見ると、急速に減ったのが、2006年5月、急速に増えたのが2008年12月であり、株価の高値は2007年2月、安値が2009年3月です。先行指標としては、当座預金残高が急激に減ってから約9カ月で天井を打ち、急激に増えてから約3ヵ月程度で安値をつけた事になります。

 今回の4~5月の局面では、「日銀当座預金残高が増えてきた事を確認し、株価も26週線を越えてきた」ということで買い出撃しました。

 もっとも、通貨供給量が増えたからといって、必ず株価回復に役立つかどうかはわかりませんが、「統計派」にとっては、チャートによる買いサインに対する、強力な買いサポートだったことは確かです。・・・・・

■現在の考察

 私は、信用取引を20年やっていますが、株式市場は、戦後から数えて70年間以上、延々と、「金曜相場→業績相場→逆金融相場→逆業績相場」を繰り返しています。その国の経済環境によって、「天底の位置」はさまざまですが、この循環から外れた事は、少なくとも私が相場をやっている限り、一度もなかったと個人的には思っています。

 現在、日銀のホームページを見ると、2月の日銀当座預金残高は15.7兆円のようです。日銀当座預金残高とマネーサプライの関係・マネーサプライと景気の関係などは、専門書をご覧になって頂くと良いと思います。ここを細かく議論する事がこのブログの趣旨ではありません。

「企業収益が上方局面である事が徐々に明確になってきている中で、追加の金融緩和をしている」という現在の状況において、この上方ベクトルに打ち勝つ下方へのベクトルが存在する可能性は非常に小さいと考えています。

          「金融緩和に売り無し」

■応援クリックよろしくお願い致します。いつも有難うございます。  

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング








■本日の相場 

 本日は、225指数は高値を取ってきました。一方、新興指数は3日続落でした。

 私の相場観としては、225指数が高値を取ってきた事は、当然、ポジティブに受け取っています。225指数に関しては、標準的な「25日線サポート型」を本線にして観測を続けています。同じ25日線への調整でも、高値をとらずに調整に入ると、いわゆる「三角持ち合い型」になってしまって日柄がかかる事があるので、「高値を一定日柄で更新しながら、25日線サポート型の上昇」の方が好ましいと思っています。ただ、あと数日で25日線突破から20日が経過しますので、一旦ポジションを軽くする事を念頭において1部銘柄はポジションを取っていきます。

 一方、新興市場は3日続落し、第一押し目ターゲットである、マザーズ指数の440Pに到達しました。ここで止まるか、もう数日下げて25日線にある程度近づくか、来週の月・火の相場を見ながら対応しようと思っています。本日は、まずは、新興銘柄に「押し目買い」を入れました。

 標準的パターンでは、前者の「超短期押し」で値幅調整がある程度完了しても、「1~2週間の日柄調整」を伴って、その間は上昇率が限られる事が多いので、その辺りを頭に置きながら対応していきます。

 昨春の相場は、「超短期値幅調整、2週間程度の日柄調整」でした。過去の1999年・2003年の相場では、このパターンと「25日線程度の短期押し」との組み合わせで、波動を形成していました。

 尚、材料は出ていますが、同じ材料が出ても相場の位置によって市場の反応は異なると考えるべきであり、現在のポイントが、一旦エネルギーを溜めて再上昇を狙うポイントだったので、市場は反応したと解釈しています。

 調整が「超短期値幅型」「25日線サポート型」のどちらのパターンになるにせよ、私の現在のスタンスは「新興銘柄の押し目買い」です。週末に、銘柄を洗い直します。

■応援クリックよろしくお願い致します。いつも有難うございます。  

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング


■本日の相場 

 本日は、新興指数は下がりました。現在、私は新興シフトをしていますので、新興指数を中心に作戦を考えています。

 昨春の相場では、マザーズ指数は、25日線と75日線がいわゆるゴールデンクロスした日の翌日に高値357.92を付け、(高値を含む)4日後に339.42の安値をつけて、短期調整で再び上昇相場に移っています。

 相場が短期的に強く、超短期の押し目を付ける時は、経験上、3~4日後に安値をつけて切り返す事が多く、その意味で、明日と週明け月曜日は注目です。昨春と同程度の値幅調整であれば、マザーズ指数で440P当たりが程良い安値地点です。もし仮に、ここを更に下抜けるようであれば、その段階では再考察が必要になると考えています。 

 今回は、昨日がゴールデンクロスから3日目です。したがって、昨春より若干強い(上昇日柄が長い方が基本的に相場は強い)と見ています。本日の時点では、強気観測に変化は生じていないので、普通に押し目買いにいきます。

 実践売買27 「4304 Eストアー」 押し目買い です。

■応援クリックよろしくお願い致します。いつも有難うございます。  

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング


■現在の大局観 

 本日は、新興指数は下げる局面がありましたが、引けはしっかりしました。現在の私の大局観(大方針)は、「相場を簡単には降りない」です。

 過去10年間で、JQ指数が24ヵ月線を越えてきたのは、今回3回目。過去10年以上で3回しかない、貴重な局面です。
 (正確には、1月に一旦突破、2月に割れ、3月で再突破)

 1999年2月、2003年5月に、JQ指数は24ヵ月線を突破しています。

 1999年2月 34.49 → 2000年2月 130.74
 2003年5月 45.93 → 2004年5月 105.07

 私は、「しっかりした上昇相場になる時は、ボラティリティが高い銘柄(指数)がきっちり上がる」との大局観を持っています。NY,225指数は、いつものように「25日線サポート型」と読んでいますが、新興市場は調整は軽微になると読んでいます。

■過去のJQ指数24ヵ月線突破時の上昇率(突破後の3ヵ月)

1999年2月 +13.8%
1999年3月 +18.4%
1999年4月 +14.2%

2003年5月 +5.6%
2003年6月 +11.6%
2003年7月 +5.4%

今回の、2010年3月は、現時点で、JQ +6.0%、マザーズ +10.4%、ヘラクレス +10.3%です。

 新興指数の24ヵ月線突破月に大きい調整を想定するのは、ちょっと相場観が?と思います。私は、調整があっても、しっかりついて行く事が重要と考えています。新興指数が24ヵ月線を割れるような局面になれば、それはその時に検討すればよいのであって、この段階で利食いを早まって、「利益の機会損失」をする事はもったいないと(個人的には)考えています。

 実践売買26は、 チャンスゾーン買い 「4305 IMJ 」です。

■応援クリックよろしくお願い致します。  

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング


■今週の作戦(注目銘柄群) 

 今週は、引き続き、新興市場の急騰銘柄をタイミングよく捕まえにいきます。

 昨日の、「チャンスゾーン買い」の補足です。

① 直近高値
② 25日線接近(押し目)
③ 5日線突破
④ 5日線上に滞在
⑤ 再上昇

 ③、④のタイミングを狙いに行くわけですが、④については、5日線丁度(ほんの少し割れ)のパターンも散見します。又、④の日柄ですが、直近の急騰銘柄では、以下の通り。

■チャンスゾーン④滞在日数

1日 … 2167 ウェブマネー
2日 … 2138 クルーズ
3日 … 3776 Bタワー (本日急騰)
4日 … 3858 ユビキタス (5日線接触)
      3727 アプリックス
5日 … 2459 アウンコンサルティング(5日線接触)

急騰のタイミングはそれぞれですが、「5日以内」が旬のようです。

物色の方向性としては、「オンライン決済系」「ネット広告系」「オンラインゲーム系」「データセンター系」の中から、順番に急騰しています。決済系では、 2167 ウェブマネーに続き、2428 ウェルネットが急騰しました。3749 SBIベリトランスも狙いどころです。4281 DAC、2132 アイレップ、2459アウンコンサルはネット広告・SEO系。 ゲーム系では、3745サミーネット、4777ガーラ、3765ガンホーが有力とみています。データセンター系は、3811 Bアイル、3776 Bタワー、3788 GMO-HSが順番に噴いています。Web系の 4305 IMJも面白そうです。

 実践売買25は、チャンスゾーン買い「2132 アイレップ」

  ■久々に「マザーズ専科」もしっかり記事を書きました。注目銘柄選定の背景です。

 ■応援クリック有難うございました。引き続き、応援クリックよろしくお願い致します。  

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング


■クルーズ・ウェブマネーの成功に学ぶ/新投資法 

 新投資法として、「チャンスゾーン買い」をスタートします。

 先週は、記事の翌日からの高値が 2138クルーズが94%、2167ウェブマネーが75%となりました。ただ、これだけでは単なる自慢話になってしまいます。

 成功からも、失敗からも学んで投資手法を高めていくのが、このブログの方針です。「押し目買い」については、「高値から4~6日押し、25日線<株価<5日線」で買いに行くのが、従来の私の「押し目買い定義」でした。(この手法も継続します。)

 押し目買いについては、1月より、スクリーン、マイクロ二クスが成功、ジャフコ・グリーで失敗し、その後、クルーズ・ウェブマネーなどは成功しました。成功からも、失敗からも学びます。

 株価の標準的(典型的)な上昇パターンは、私は下記のように考えています。

① 直近高値
② 25日線接近(押し目)
③ 5日線突破
④ 5日線上に滞在
⑤ 再上昇

 従来の押し目買いは、②のポイントを捕まえる手法でした。しかし、ジャフコ・グリーの失敗パターンでは、③を示現することなく、25日線を割れています。このパターンでは、その後の、25日線回復の「25日線突破買い」、または「突っ込み買い」のポイントを待つべきと思います。

 新投資法では、③~④のポイントを、「チャンスゾーン買い」として、再上昇の確率が高くなった時点で狙います。②より少し高いポイントで捕まえる事になりますが、その分、ヒット確率は増すはずです。(統計検証済み)

 尚、ウェブマネーのように、③、④の後、又、25日線に接近し、再び、③・④を示現するケースも、「チャンスゾーン買い」に含める事とします。

新興市場は、現在、いわゆる「確変銘柄」が増えてきていますが、③・④で、直近高値の前後まで来るケースで、「まだ上昇日柄が残っている」パターンが多くなっていると観測しています。このパターンで、クルーズ、ウェブマネーと同じく、3858 ユビキタス等もきっちり捕える事が可能です。

 実践売買24は、チャンスゾーン買いで、「4777 ガーラ」とします。

 ■今後は、「プラス思考」でいきます。ランキング30位以内の間は、実践売買銘柄を週4銘柄公開する事にします。
  (最低、会社説明会資料は2年分は目を通してから公開するので、結構大変だったりします。)
 

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング


■実践売買銘柄 「成績一覧」 

 1月から始めた実践売買銘柄の「成績一覧」をまとめました。

 現在はなかなか好調です。そろそろ、統計分析なども再開しようと思っています。

 ■実践売買銘柄、記事を出した日の翌日の寄り付き値(2回ある時は平均値)
/現在値段(%)
/記事後の高値(%)

7735 スクリーン           422  -0.5  +12.3
6871 日本マイクロ二クス    1570   -2.4  +9.9
8595 ジャフコ           2355   -1.2    +2.9
3632 グリー            5218   +10.4  +12.5
6301 コマツ            1812   +5.0  +7.0
4751 サイバーエージェント 161500   +11.5  +13.7
2489 アドウェイズ       111600  +15.7  +22.6
2121 ミクシィ          520000  +11.9   +15.8
2138 クルーズ          84400  +87.8  +94.3
9880 イノテック           455   +19.3  +26.6
6807 航空電子           660   +4.2  +6.5
3811 ビットアイル        61400   +40.9  +44.5
2167 ウェブマネー      114100   +64.2  +75.2
6920 レーザーテック      1349   +5.3  +9.0
4819 デジタルガレージ   188900   +9.6  +16.5
6677 エスケーエレク     76300    -5.8   +3.5
3745 サミーネット       208000   +20.0  +22.0
8923 トーセイ          27000     -4.7  +2.1
2146 UT-H           36550    +27.8   +34.1

 過去、「ランキングにこだわった=多くの人に見て欲しかった」事には、理由があります。

 私は、「個人投資家は大手のカモにされる」という表現が嫌いです。理屈に合わない。

 銘柄「A」があれば、「上がるのならば買い、下がるのならば売り」で勝ち。逆にポジションを取れば負け。相場は単純ルールです。又、これを決めるのは個人の頭脳です。私(=個人)が経済分析・チャート分析等をして、上がるか下がるか判断する。この作業に「大手」が介入する余地はありません。判断しているのは個人の頭脳です。

 そうであるのに、カモにされていると感じる人が多いのは何故か?これは、結果として、個人投資家は情報に振り回されて、このように感じる人が多いのではないかと思います。最近も、下げの局面では、日本の個人投資家に、悪材料を色々とコメントしている人が多い。「投資家の視点」からは、(現時点では)結果として、メリットが小さかった事になります。

 個人投資家の中にも、「悪材料はしっかり分析している。しかし、私は景気循環や、金融環境を重視する。株価の長期上昇基調は変わらない」と言い切っている人もいる事を主張したかった。

 結果が成功・失敗なのかは別にして、「自分で分析をしっかりして、情報に振り回されない」「個人も大手も関係ない」という姿勢を強烈に示している個人投資家が存在する事をアピールしたかったという事です。

  
 ■応援クリックよろしくお願い致します。
 

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング



■本日の相場 

 本日も、実践売買銘柄は好調でした。記事を出した日の翌日の寄り付きから、今週の高値までで、2138 クルーズ 94%、2167ウェブマネー 75%、3811 ビットアイル 45%と、かなりの好調ぶりでした。先週の実践売買銘柄は、3745 サミーネット 同 22%、 2146 UTーH 34%でした。

 4751 サイバーエージェントが18万円台に乗せたように、本命株も好調でした。

 水曜日に、「急騰したという理由だけでポジションを軽くするのは慎む」との方針でしたが、これも良かったようです。

 本日、ブログを書き始めてからの過去の日記を自分でも読み返してみました。
 
 私は、個人的には、現在、実践売買銘柄が急騰している事よりも、秋から2回あった「225指数26週線割れ→ボリンジャーバンド-2σ割れ →反発」の局面での対応の方が、貴重であると思いますし、満足もしています。

 株式市場は、「退場させられるような致命的なミスをすること」を防げば、自ずと、現在のような回転が効く局面がやってくるものです。50%上昇銘柄を当てるよりも60%上昇銘柄を当てる方が価値が高い事は事実ですが、そんな事よりも、「25日線後の上昇日柄でポジションダウン→26週線割れでポジションダウン → 突っ込みシグナルでポジションアップ」の戦略をとった事の方がずっと価値が高いと思っています。宜しかったら、過去の記事を見て頂ければ、参考にしてもらえる事があるかもしれません。

 なお、選抜レースですが、クルーズ→ウェブマネーの順番で登録する作戦でしたが、同じ週に急騰してしまったので、少し困っています。どうするか週末考えてみます。

 さて、今後ですが、水曜に書いたように、「新興の全体チャートでは、26週線を越えたところ、短期チャートは過熱気味」という状況は変わっていませんので、この連休中、じっくりと作戦を練ろうと思います。 

■応援クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング





■本日の相場 

 本日も、2146 UT-H, 2489 アドウェイズ、 4751 サイバー、2167 ウェブマネー等、実践売買銘柄は好調でした。

 ただ、現在私は、次にどの銘柄が急騰するかよりも、「全体相場の大局観」をどう持つべきか考えています。新興市場は全体チャートは26週線を超えてきたところ。短期チャートは過熱気味です。

 利食ってしまうのは簡単です。ただ、中期チャートを見ると、押したとしても、まだまだ日柄は残っている可能性が高く、急騰したという理由だけでポジションを軽くするのは慎もうと思っています。日々、全体チャートを見ながら、柔軟に大局観を形成していこうと思っています。

 銘柄の方向性も、ネット関連も輸出関連もどちらも強い。一旦はバランス良くポートフォリオを作り、柔軟に組み替えていきます。

■応援クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング



■本日の相場 

 本日も、2138 クルーズは150,600 +15,600 と、記事を出してから、+78%で引けました。クルーズに関しては、正直予想の範囲内ですが、3日前の土曜に実践売買とした、2146 UT-H が、いきなり、 42,900 +7,000 となったのは、少々驚きました。

 昨日書いたように、本日はマザーズ主力株を再度寄り付きで仕込んだのですが、4751 サイバーが176,100 +7,400,2489 アドウェイズが122,400 +3,900 と、ちょっとハマりすぎで気持ち悪いくらいです。

 本当に本音なのですが、仕込んだ銘柄が次々に「暴騰」していて、ちょっと気持ち悪いので、謙虚に今日も分析を行って明日に挑みます。あまりにも調子良すぎる・・・・・・。

■応援クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング



■本日の相場 

 本日は、実践売買銘柄では、クルーズ135,000 +21,100、サミーネット 218,800 +11,400、ウェブマネー 130,800 +6,000、Dガレージ 220,000 +7,000 と、大幅高になりました。

 225指数26週線突破後の相場では、まず、ヘラクレスが上がる事が多く、又、DeNA、ACCESSの影響等も考え、マザーズ主力からシフトして、ポジションウェイトを上げていた銘柄群が軒並み上昇し、収穫が多い一日でした。

 明日以降は、マザーズ主力銘柄も買っていきます。

 調子が良い時ほど、気を引き締める事が必要なので、十分にチャート分析などを行って、明日に挑みます。

 ランキング50位以下の自己ルールにより、本格記事は封印中ですが、早く、ブログも好循環になって欲しいと思っています。

■応援クリックよろしくお願い致します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング



■相場の戦いの記録を残す 

今後、しばらく、このブログは、私の「戦いの記録」として、私の実践記録のみを残していきます。

 実践売買20 「3745 サミーネットワークス 押し目買い」
 実践売買21 「6677 エスケーエレク リバウンド狙い」 
 実践売買22 「8923 トーセイ フラッグ突破」
 実践売買23 「2146 UTホールディングス 押し目買い」
(バランス的に、1銘柄入れ替えました。)
 

マザーズ市場も26週線突破しました。チャート統計派として、買わない理由が見当たりません。
 
大勢相場を反対方向に曲げる力が無い材料を詳細に分析するのは愚の骨頂。最も強い材料である「景気循環」は上向きと見ています。次に強い材料の「マネーサプライ」も基本は上です。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング




■本日の日記 

 今日の相場は、米国も高かったし、日銀の追加金融緩和観測という材料も引き続きあり、強かったです。

 実践売買銘柄で足を引っ張っていた8595ジャフコも上がってきました。この銘柄は、「現在の割高感 VS 将来の期待感」が交錯する銘柄なので、なかなか面白いです。確率の程度はさておき、将来、「経済指標は強いが、公開銘柄が多く、需給は不安」までの地点を見た、「将来の期待」です。昔、売り方で苦労した事があるので、現在は買いから入る事が多くなっています。

 新興市場は、225指数が落ち着いた頃が勝負どころだと思います。実践売買銘柄は概ね好調で、ほっとしています。

 ブログの方は、ランキング50位が休養ラインと言ってしまったので、休まないと、筋が通らないですね。たぶん、落ちますけど、それを引き合いにして引き上げようとは思っていませんよ。・・・というか、いつまでもこだわっているのは格好良くないので、もう、やめにしたいです。でも、下がったら、一旦は休みます。宣言してしまいましたから・・・。バナーは貼っておきます。売れない画家も、本心は、「誰かに認めてほしい」はずです。そんな感じです。

 私は、幼稚園の頃から柔道をやっていて、高校は野球部。その後、受験戦争は、学問は特に好きではなかったけど、「戦争」自体は嫌いではなかった。大学に入った時は、顔を出した「軟派テニスサークル」の男どもが気持ち悪くて、フリーの麻雀荘によくいました。

 戦いの場の方が居心地が良いんですよね・・・。

 フリー雀荘なんで、まあ、色々な人がいましたけど、「卓を囲めば対等」位の事は言ってました。ある時、仲が割と良い先輩(単なる年上)に、「お前の麻雀は笑いが無い」っていわれましたね・・・。自分は緊張感がある戦いが好きなのに、変な事言うな・・と思いましたが、当たっている所ありますね。

 読んでいる方は、何が言いたいのか、よくわからないと思いますが、本日は、株以外ではそんな事を考えていました。

 変な話ですよね・・・。株もブログのランキングも「競争」なのに、クリックしてもらうのは、「協調」なんです。心の持ち方が難しい。

 メッセージを頂いた時は、本当に嬉しかったです。でも、株ブログなので、株の今後を聞かれました。それは、「わかりません(笑)。」でも、嬉しかったですよ。本当です。力になってあげたかった。でも、「トータルでは、たぶん、自分は勝つだろうな・・と(正直なところ)思っていますけど、個別銘柄はわかりません・・・。」

 休んでも、その後は、又、ブログは続けると思います。戦いの記録を残したいので・・・。

 
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング






■新興市場を攻める 

 昨日の記事ですが、まとめると、「225指数が3~9週で26週線を奪回した場合」はその後の上昇率が高く、特に、「JQ平均が24ヵ月線よりも上の場合の2ケース」では大きい相場になったという事です。

 奪回後3週間の上昇率では、2ケースでは、JQ平均>225指数となっています。当時のJQ平均は、現在のマザーズ・ヘラクレスを足した役割を果たしており、「ボラティリティが高く、一方通行型になりやすい」傾向にありました。

 同じ26週線奪回でも、「本格上昇へつながる場合には、ボラティリティが高い銘柄がしっかり上がる」と結論付けています。

 昨年の春も、3月最終週に225指数は26週線を突破しましたが、直後の3週間の上昇率は+3.3%、ヘラクレスが同+5.1%、マザーズが同+3.3%でした。一方、昨年12月の突破局面では、(直後の3週間で)225指数は+4.7%でしたが、マザーズが+2.1%、ヘラクレスが+0.7%と盛り上がらず、その後再度26週線を割れていますので、違いがわかります。

 そこで、マザーズ市場の外人売買動向を見てみます。

■マザーズ市場の外人売買動向(東証発表)
 1月 △40億 2月 +34億 3月 +32億  4月 +5億 5月 +6億 6月 +7億 7月 △23億  8月 △32億  9月 +89億 10月 +56 億 11月 △8億 12月 △11億 1月 △34億 2月 +96億

■考察
 1月に売りこした外人が2月から買い越し → 3/12より上昇開始
 8月まで売りこした外人が9月より買い越し → 11/20より上昇開始
 1月まで売り越した外人が2月より買い越し → 今回??

 買い越し額自体も巨額ですし、かなり期待が持てるデータです。

 今回の「225指数26週線奪回局面」については、新興市場がしっかりと上昇し、本格上昇につながると現段階では予想しています。

 個別銘柄としては、実践売買19で 、6677エスケーエレクトロニクス「押し目買い」を挙げておきます。加えて、昨年の春もヘラクレス銘柄はスタートダッシュが良かったので、実践売買シリーズ銘柄では、2138クルーズ等を引き続き狙っていきます。尚、NO.15 3811ビットアイルは記事のタイミングぴったりでした!!

 ■応援クリックお願い致します。心機一転頑張ります。
  まだ、45位近辺です。再び上昇すれば、「ブログ更新回数」でお礼をします。(いつも、これしかできませんが・・・。)
  ↓
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング



■225指数26週線奪回後の作戦 

今週、225指数は26週線を奪回しました。

2回前の記事を再掲します。(月日は、割れた月→奪回月に修正しました。)

■225指数、26週線を3~9週で奪回した場合(奪回月、奪回時間、推移)

① 2009年12月 5週奪回 10025 → 2010年1月 10982 +9.5%
② 2006年9月  3週奪回 16127 → 2007年2月 18300 +13.5%
③ 2005年6月  9週奪回 11514 → 2006年4月 17563 +52.5% 
④ 2002年2月  7週奪回 10356 → 2002年5月 12081 +11.7%
⑤ 1999年1月  9週奪回 14499 → 2000年4月 20833 +43.7%

普通に順張りで戦っても、そんなに悪い結果にはなりません。

ただし、奪回後の3週間の上昇率は、+4.7、+3.2、+0.4、+12.5、-2.7(以上%)、平均3.6%と、あまり高くありません。つまり、注意したい事は、26週線の下に3~9週いるという事は、それなりに好材料と悪材料があり、奪回後も、ゆっくり上昇する事が多い。ただし、その後、どこかのタイミングでしっかり上昇する確率が高いという事です。

JQ平均は、同、+1.8、-4.2、+3.7、+7.0、+6.3%と、225指数と大差ありません。

もう少し考察を続けます。

■上記局面の大勢相場上の位置

① 直近
② 225指数、長期上昇最終局面、JQ指数24ヵ月線より下
③ 225指数、上昇2年、踊り場からの上方離脱局面、JQ指数24ヵ月線より上
④ 225指数、長期下降中の反発局面、JQ指数24ヵ月線より下
⑤ IT相場の入り口、JQ指数24ヵ月線より上

JQ指数が24カ月線よりも上だったのは、③と⑤、現在、(恣意性の少ない)JQ指数は、24ヵ月線より上にあります。

ここまで、チャート形は、2004年当時に似ていましたが、米国の住宅情勢等を考えると、景気が上→下→上に行くような、極端な金利引き上げを米国が実施する可能性は小さいように思えます。

極端な金利政策が無ければ、株価も景気循環に合わせ、順調な回復形をたどる可能性が高く、現在、24ヵ月線を越えたばかりのJQ指数が良いベンチマークになりそうです。1999年当時の、225指数26週線奪回後のJQ指数の3週間の上昇率は、6.3%、今回、どうなるかしっかりウォッチしていきます。

 ■応援クリックお願い致します。心機一転頑張ります。

 ようやく、しっかり実践売買銘柄が上がったのに、再び46位に下がってきました・・・。いきなり、日記お休みライン50位近辺です・・・・。何とかお願い致します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング








■日記復活/実践売買銘柄上昇 

実践売買銘柄が、しっかり上がりましたので、日記を通常モードに戻します。

本日、225指数は26週線奪回、マザーズ指数も高値引けでした。

心機一転、頑張ろうと思います。

まずは一旦、結果報告。


 ■実践売買銘柄、記事を出した日の翌日の寄り付き値(2回ある時は平均値)
/現在値段(%)
/記事後の高値(%)

7735 スクリーン           422  -0.2  +12.3
6871 日本マイクロ二クス    1570   -0.1  +9.9
8595 ジャフコ           2355   -8.8    0
3632 グリー            5218   +9.6  +10.4
6301 コマツ            1812   +1.7  +2.8
4751 サイバーエージェント 161500   +7.7  +8.5
2489 アドウェイズ       111600  +5.9  +15.6
2121 ミクシィ          520000  +8.3   +15.8
2138 クルーズ          84400  +20.4  +33.6
9880 イノテック           455   +15.4  +22.2
6807 航空電子           660   -2.6  +1.0
3811 ビットアイル        61400   +22.1 +22.1
2167 ウェブマネー      114100   +14.4  +21.0
6920 レーザーテック      1349   +3.4  +7.6
4819 デジタルガレージ   188900   +8.5  +9.5

日銀の「遅れた金融緩和」が評価されたようです。為替も落ち着きましたが、2004年のような、米国側の連続利上げ(景気の腰折れリスクを伴う)ではなく、日本側の要因であり、日本株にはかなりの好パターンです。

ネット関連も、サイバー、Dガレージが出来高を伴って上がってきました。マザーズ市場に対して外人が買い越しに転じてきている事も好感です。

3D関連もずっと強含みですが、対応する液晶市場等も刺激すると見ています。

久々の、「順張りパターン出現」です。今後、関連する統計も採取していこうと思っています。

■リンクにある「フクフク星人のマザーズ専科」も宜しくお願い致します。
 
「本命株を見極める重要性」です。かなり、私の本音を書いています。

2週間ぶりに更新しました。理由を書いています。
  
 ■応援クリックお願い致します。心機一転頑張ります。

 ようやく、しっかり実践売買銘柄が上がったのに、再び46位に下がってきました・・・。いきなり、日記お休みライン50位近辺です・・・・。何とかお願い致します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング



■225指数 26週線奪回待ち 

 現在、225指数は、26週線 10156 を週半ばで奪回している状態にあり、週末での26週線奪回が待たれる所です。
(今週奪回すれば、「5週目奪回」です。)

 上昇相場における26週線「接触」については、1週で奪回する事が多いのですが、3~9週で奪回する場合も、下記の通り、その後上昇相場に移行しています。逆に言うと、その日柄で奪回できない場合は、弱含みの相場に移行しています。

■225指数、26週線を3~9週で奪回した場合(割れた月、奪回時間、推移)

2009年11月 5週奪回 10025 → 2010年1月 10982
2006年9月  3週奪回 16127 → 2007年2月 18300
2005年4月  9週奪回 11514 → 2006年4月 17563
2002年1月  7週奪回 10356 → 2002年5月 12081
1998年11月 9週奪回 14499 → 2000年4月 20833

 従って、現在、まさに、「26週線奪回待ち」の状態です。「時を買わずに時を待つ」などと格好つけましたが、こんなデータが背景にあります。マザーズ指数も、久々に26週線奪回が見えてきました。現在は、ポジションキープで推移を注視しています。

 尚、JASDAQ指数hは、75日線に全く触れない、現在は世界でも有数のブル相場継続中です。

 非常に信頼性が高い移動平均線ですので、細かい考察をするよりも、奪回した場合は、素直に乗っていこうと思っています。

 ■本日、誕生日です。お誕生日クリックしてくれたら嬉しいですね!!

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング



■勝負!! 実践売買銘柄 

 実践売買銘柄上がってきました。記事再開は早そうです。
 頑張るぞ!!!(私は「超」単純頭脳です。)

・・・でも、私は、勝負銘柄があまり上がらないときは、一旦頭を冷やして、もう一度じっくり考えるようにしているんですよね。いつもそうなんです。じっくり考えましたけど、あまり結論が変わらなかったんです。


 ■実践売買銘柄、記事を出した日の翌日の寄り付き値(2回ある時は平均値)
/現在値段(%)
/記事後の高値(%)

7735 スクリーン           422  -3.5  +12.3
6871 日本マイクロ二クス    1570   +1.2  +9.9
8595 ジャフコ           2355   -13.2   0
3632 グリー            5218   +9.0  +9.4
6301 コマツ            1812   -1.3  +2.8
4751 サイバーエージェント 161500   +3.2  +4.6
2489 アドウェイズ       111600  +12.7  +15.6
2121 ミクシィ          520000  +12.3  +15.2
2138 クルーズ          84400  +21.0  +33.6
9880 イノテック           455   +15.6  +22.2
6807 航空電子           660   -6.0  +1.0
3811 ビットアイル        61400   +9.0  +9.1
2167 ウェブマネー      114100   +18.8  +19.2
6920 レーザーテック      1349   +2.1  +6.0
4819 デジタルガレージ   188900   -1.8  +6.8

 ■ブログの内容が良ければ皆が押し上げてくれる筈。・・・かもしれない。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)