≪ 2010 10   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - -  2010 12 ≫
*admin*entry*file*plugin
2010年11月の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■現在の作戦 

 先週、新興の各銘柄は、順調に値を飛ばし、週末2日間に小緩んだ展開でした。

 欧州問題、地政学リスク等、取りざたされていますが、相場の研究や考察は、「勝つためのもの」で無くてはならず、勝利に役立たない分析は一切不要と思います。

 マザーズ指数で言うと、現在、380ポイント代です。私の個人的な「チャート読み」では、一旦420P程度まで上昇しないと、1週間程度の調整をする余地は小さいと分析しています。したがって、ここの押し目は当然、「振幅を利用して、更に投資効率をアップさせるために役立たせたい」と考えています。

 具体的には、銘柄別に、「高値(含む)から、3・4日目の安値狙い」です。月曜・火曜の安値を狙います。結果として下髭を付けるのが理想形と思っています。

 日柄的には、強い上昇相場の場合、25日線突破後10日過ぎ前後には、3~4日押しが現れるのが普通で、ここで軽くポジションダウンして、3~4日押しを狙うのが「標準形」です。ただ、新興の銘柄が勢いがある時は、「2日押し」位で上伸することも珍しくありません。

 そんな訳で、先週末辺りは、「基本は強気、一旦3~4日の調整が標準、調整を入れないケースもあり」というスタンスで、少しブログを書きにくいので、休んでいました。

 休んでいた他の理由としては、8月のサイバー・Dガレージ買い等、自分では、継続してかなり的中している部類に入るとは思っているんですが、別に有料な訳でも無く、特に反応がある訳でも無く、「なんで俺はブログ書いているんだ?」という部分も無いわけでは無かった事もあります。資産増えているんだから、それでいいじゃない・・・みたいな感じです・・・。

まあ、本音を言うと、将来、本の1冊位は出したいな・・・位の部分も無いわけではなかった訳なんですが、相場で圧勝する事に比べると、経済的には、小さい金額なんですよね・・。

 銘柄的には、選抜レース登録は、ここの所、 2497 ngi です。他には、4347 ブロードメディアも匂います。相場が若い(25日線上の第一波動後の調整)銘柄では、7829 サマンサJPに再度注目しています。

 現在は、一旦2日程度の調整を入れた銘柄が多く、わかりやすい短期押し狙いで、ブログ自体は書きやすいとは感じています。


←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※ランキング銘柄・コメント、随時更新します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






スポンサーサイト

■「銘柄特性」と「乗る順番」 

 本日も、225指数・新興指数とも続伸しました。

 今の相場、しばらく持っていれば、「1銘柄で+20%」位は普通です。そのレベルの上昇を取っても、特に卓越した投資家ではありません。「卓越した投資家」になるためには、「上がる順に買う」という事だと思います。実際には、難しい部分はあり、失敗もありますが、常に、「うまく乗りたい」という目標は持ちたいと思っています。40%の上昇銘柄を1本釣りするよりは、「20%×2」の方が、確率は高そうです。

 チャートを見て、上がるタイミングをはかるのは、過去2回書きましたので、「銘柄特性」についてコメントしたいと思います。

 1部市場では、8595 ジャフコが「底値から5~6週間は、切れ目なく上がることが多い」と書いておきましたが、これは、やはり、「空売りが多い事と、VCという銘柄の特性」が大きいと考えています。同じ日にコメントした、8739 スパークスは、「もみ合い後、本日急騰」でした。これも、「JQ銘柄、保有ファドの新興組み入れ比率が大きい」事を考えると、順番としては、ジャフコ→スパークスの順番が、「ほぼ、必然」のような感があります。

 又、ある程度中期的な調整後になると、NY→225→新興の順番も、セオリー通りです。その意味では、新興の急上昇は、「完全後出し」で、非常に簡単な展開です。

 新興市場の時価総額の大きいところでは、8月も11月も、4751 サイバーA → 4819 Dガレージの順番でした。これは、「決算発表の順、かつ、サイバーAは利益刈り取り期、Dガレージはまだ、期待段階の株」という事を考えれば、この順番のように思います。そんなわけで、10月の誌上ファンドでは、サイバーAの方を入れ、Dガレージは、その後でブログでコメントしている訳です。まあ、いつもそうなるとは限りませんが、「確率的」には、自分はそう思っています。

 私は、4751 サイバーAの急騰を見て、それを横目で見ながら、新興市場の「2番手銘柄」にスッと買いを入れました。ここ数日、順調に値を伸ばしています。実践売買銘柄や、ブログで良くコメントする、「いつもの銘柄」です。2138 クルーズのような銘柄の事です。

 ただ、現在は、「銘柄の優劣」は優先順位は低くしています。今は、「狙うチャート形」で書いた通り、「25日線突破」「その後の最初の押し目」を買って、効率よく回転させる方がより重要と思っています。その後は、「もみ合い上放れをうまく捕まえる」ステージへと移行していきます。次のステージでは、銘柄が非常に重要で、選別が重要でしょう。

 「まずは、一通り、ほぼすべての銘柄が上がる、その段階で大事なのは乗る順番。その後は、強い銘柄と弱い銘柄の優劣がはっきり出る。大事なのは銘柄の選別」と考えています。

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※ランキング銘柄・コメント、随時更新します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






■狙うチャート形(2) 

 225指数、新興指数とも、順調に値を飛ばしています。

 今日は、「銘柄よりも、買うポイント」という事を言いたい記事です。前回、狙うチャート形では、次の2つを書いておきました。

① 25日線突破直後
② ①後の上伸後、3~4日調整した所

 順調に上値を伸ばす場合は、その後、③上昇(第2派)→④調整→⑤再上昇(第3波)と進むわけですが、④の調整については、銘柄によっては、少し長めの調整(揉み合い)になる事も多いものです。その意味で、現在のような段階では、①、②のポイントにある銘柄に順次移っていく方が、リターンが大きくなるのが一般的です。(少し遅れて動く銘柄は沢山ありますので。)

 あと1か月して振り返ってみると、「上がるところは一通り上がった」となる可能性が大きいと思います。そうであれば、「どの銘柄に乗るか」よりも、「どのポイントで乗るか」の方が、より重要でしょう。その意味で、②→③は、一瞬に移行するので、ブログとしては難しいなと感じています。

 上記は「日足チャート」ですが、「週足」でみると、まずは狙っていくのは、「13週線、26週線を抜けていく、まさにそのタイミング」で上伸する事が多いので、日足と週足を組み合わせて順次乗っていけば、結果は良くなるのではないでしょうか。

 
←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※機は熟したようです。ランキング銘柄再開します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






■狙うチャート形 

 本日も、225指数・新興指数とも、続伸しました。

 私は、「銘柄の特徴」、「ポートフォリオの中のその銘柄の位置づけ」を明確にしています。

 例えば、ファンドシミュレーションに入れた銘柄では、8595ジャフコ等は、「底値から5~6週間程度、切れ目なく上昇タイプ」と自分では位置付けています。6677 エスケーエレクは、「円安・決算通過対応」、8601大和証券Gは、「ムード変換対応、内需物色対応」等です。

 新興銘柄については、現在、狙っているチャートポイントは、次の2つです。(上昇初期相場対応の私の基本形)

① 25日線突破直後
② ①から上昇後、高値から4~5日押した所

 例えば、今回の相場で先行した、4321ケネディクスや、直近で上昇が目立つ3843フリービット等も、①と②でしっかり取れます。2330 フォーサイドや、3776 Bタワーをのように、①で即急伸するタイプ、フリービットのように、②で急伸するタイプ等、様々ではあります。勿論、Bタワーを例にすると、10月以降、3回の①局面があり、2回は上昇期間は短く、3回目で急騰となっており、「だまし」は付き物です。ただし、「急騰確率3分の1」なら、チャンスベットする価値は十分あると考えています。
 
←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※機は熟したようです。ランキング銘柄再開します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






新興市場「底値40日後のアノマリー」 

 本日も朝ブログです・・・。

 短い文章ですが、私の「日柄読み」で新興市場で非常に貴重にしているアノマリーを公開します。

 「マザーズ市場の底値から40日後」のチャートをご確認ください。2009年3月以降の上昇は、3回とも、その日柄で最も上伸しています。今回で言うと、今月末ですね。

 こういうアノマリーは、当たるとは限らないとは思いますが、この辺りの日柄は、私は個人的にはピンとくるものがあります。「出遅れが回ってくる、今回の上昇の理由が多数の人に明確になる、戻り売りが弱まる、大口が仕込み終わる・・・・。」

 色々と理由は推測できますが、確率はそれなりに高いと思っています。


←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※機は熟したようです。ランキング銘柄再開します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






■新興市場/急上昇予想 

 225指数は、無事、26週線をキープしました。マザーズ指数も13週線突破です。

 11/11のDガレージ決算で、大処は決算一巡、11/15という節目期日も超え、NY→225と来ている「出遅れ物色」が、いよいよ、新興市場に到来しそうです。

 米長期金利が24ヵ月線という長期の節を突破しました。過去、米国長期金利が突破した地点では、非常に高い確率で新興市場は上がっています。現在のタイミングでは、NY市場が止まっているのは、むしろ歓迎です。(高値突破「後」ですので。)

 マザーズ市場を見ても、やはり、4751サイバーAの力強い動きが、今後の各銘柄に好影響を与えてくると見ています。JQのDガレージも、決算後は底堅い動き。全体指数が上昇していく「予兆」は十分です。4321ケネディクス等のREIT関連、一部市場の証券・金融株も動意づいており、新興市場を後押しすると見ています。10月までの動きが、逆流しているように感じます。

 うまく回転させるためには、「出来高が増えた銘柄から順次乗っていく」事と思います。チェック銘柄を、寄り付きや、前場中ごろの段階で、「その日の出来高が増えている」事を確認して乗っていくのが、順当です。

 来週以降、楽しみですね!!


←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※機は熟したようです。ランキング銘柄再開します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






■本日のポイント 

 本日も朝ブログです。

 決算期は情報量が多く、いつも見て頂いている方、更新が少なくてすいません。

 本日は週末、225指数の26週線キープはかなり確率が高い訳ですが、「キープしている事」は非常に重要と思います。キープ日柄が長くなるほど、上昇転換確率は上がると思っています。

 マザーズ指数も、13週線突破がポイントです。

 個別銘柄では、(個人的には)、7729東京精密が気になります。チャートをずっと遡って見ているのですが、申し分無いです・・・。今後、大きい相場になっても全く不思議はありません。

 新興市場は、4819 Dガレージ決算で、大きいところはほぼ一巡しました。動きをしっかりみて、動いているセクターに素直に乗っていくつもりです。目立つのは、2330 フォーサイド、2468 フュートレック辺りですので、まずは携帯関連でしょうか・・。本日は、NYが安く、225指数は小緩んだスタートとなりそうですが、かえって、このタイミングで個別銘柄は動意づく可能性は高く思えます。11月中旬ですから。

 4321 ケネディクスも順調に決算通過。次に8801三井不動産が動意付く頃、更に面白いと思っています。 

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※機は熟したようです。ランキング銘柄再開します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






■現在の狙い 

 今週に入り、各銘柄が急速に動意付いています。

 決算期でもあり、情報チェックに追われています。忙しいです・・・。

 近々で面白いのは、携帯関連のようです。又、本日かなりの円安に振れているので、ハイテク系も活況になりそうです。サイバーAが活況の時の新興市場は、各銘柄が動くのが早く、回り込む時間は無さそうです・・・。

 銘柄としては、携帯系では、3727アプリックス、6778アルチザN, 4348 インフォコムが面白そうです。ハイテク系では、7729 東京精密等、(私の)ど真ん中を狙います。


 作戦としては、午後2時ころには、若干ポジションを落とし、翌日寄り付きで、チェック銘柄の中で勢いが良さそうな銘柄に突っ込んでいく、「完全ブル体制」で臨んでいます。


←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※機は熟したようです。ランキング銘柄再開します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






■狙っていく銘柄群 

 225指数は、13週線と26週線の間で長期の揉み合い、一旦下にぶれるのは、ある意味セオリーでした。上にいく場合は、13週線を奪取後、2~3週で26週線を取ってくるのが標準形です。

 今回、下振れはしましたが、その段階で十分に下降日柄が経過しており、「日柄買い転換」が狙える日柄でした。そして、13週線と26週線を一気に取ってきました。私としては、読みやすい相場展開でした。

 銘柄については、今回は、「世界的な金融相場」ですので、素直に、不動産・証券・VC・ファンド・素材を狙っています。

 不動産については、9月にムーディーズが日本の不動産市場の格付けを上げる際、アジア系資金が日本に入ってきている事を指摘しています。日銀のREIT買い取りが無くとも、上昇タイミングと見ていました。証券については、久々に、8604野村H、8601大和証券Gが、すんなりと上値を取ってくるチャートに映ります。証券株は、6ヵ月程度の調整があると、「相場が下がる前提の値段」を付けるので、全体相場が買い転換するのであれば、かなりの上昇率となるのが普通です。その意味では、8595ジャフコ・8739スパークス等も、この段階で買って、相場が上昇転換すれば、面白いと見ています。穴株では、8699澤田H。モンゴルの銀行事業は、資源が注目されている現在では、刺激材料となりそうです。

 新興株も、4751サイバーAがしっかり動いてきたので、動意付くと思います。尚、私が3815メディア工房や2167ウェブマネーを狙っているのは、継続的に、「決算予想が保守的」と見ているからです。保守的な予想を出して、下に振ったところで捕まえておけば、まず大丈夫と踏んでいるからです。

 新興株については、(いつもの海外ファンド解約通知期限などの日柄読みで)、今月中旬以降の方が上昇確率は高くなってくると思っていますので、まずは一部市場の不動産・証券等で一回転してから、回り込む方針です。

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※機は熟したようです。ランキング銘柄再開します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






■現在の大局観 

 本日、FOMCです。ドル/円は、現在若干円安方向です。

 私は、最近の経済指標では、ISM製造業景況指数で、製造業の受注が急増している事の方に注目しています。

 米国金融緩和については、今回の緩和度合いが注目されていますが、ある程度中期的にみると、実態の経済環境に応じて、随時調整が入っていくはずなので、中期的には、景気がどうなっていくかの方が重要と思っています。

 米国の景気について、予想通り、減速が止まり、今後上昇に向かうのであれば、株価は先行性を発揮して、年初来高値を取ってくると思います。中間選挙まではPKOが行われているとの推測は、低レベルです。はずされるとわかっていて、はしごを登る投資家は存在しません。
 
 今回の米国株の上昇が、金融緩和後の景気の上昇を予見しているのであれば、為替も落ちつくでしょう。仮に円安に振れた場合には、金融緩和の材料出尽くしとのコメントが闊歩するでしょう。短期的にはその通りでしょうが、本質では無いと思います。今回のドル/円は、投機と、米国景気に関する、(特に日本の投資家の)過度の悲観論からもたらされていると読んでいます。巻き戻し必至です。

 日本株は、1994年や、2002年のように、世界景気が1年近く上昇していても反応せずに、その後に反応する事は過去にもあり、その当時に比べれば、今回は、2010年春までは上昇しているので、かなり正常化してきているように思えます。今後については、世界景気をみながら、徐々に上昇する事を予想しています。


←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※機は熟したようです。ランキング銘柄再開します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。