FC2ブログ
≪ 2010 11   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 -  2011 01 ≫
*admin*entry*file*plugin

■銘柄選びの考え方/シミュレーション銘柄選択の理由 

 先日、「後出しでいいので、銘柄選択の理由を解説してほしい」というコメントを頂きました。

 有難いコメントです。いつも先出しでプレッシャーの中ブログをやっている訳ですが、銘柄を出す時は、ほとんど解説しません。理由はシンプルです。「下がった時に困るから」です。

 そこで、ファンドシミュレーション銘柄を使って簡単に、自分がどう考えていたか、解説します。

 反省もして、次に生かします。

■ファンドシミュレーション/ 10/22(金)大引値スタート(参考:日経225 9,426)

8801 三井不動産    1,600  1,643   +2.7%  
8595 ジャフコ      1,851  2,350   +27.0%
8601 大和証券G     348  425   +22.1%
4321 ケネディクス   15,630  25,280  +61.7%
8923 トーセイ      28,350 38,100  +34.4%
4751 サイバーA    134,700  177,900  +32.1%
2167 ウェブマネー   158,800  175,000  +10.2% 
3815 メディア工房    54,300  61,700  +13.6%
3788 GMO-HS      66,800  74,300  +11.2%
6677 エスケーエレク  36,800  50,300   +36.7%

■結果 1,000万 → 1,252万 (+25.2%)

 まずは、1部銘柄の3銘柄です。結果としては「ジャフコ>大和>三井不動産」となりました。

 私は、ざっくりとした考え方として、「A 実体価値 + B 期待(材料込)」= 株価 という考え方を持っています。Aについては、「将来の価値を織り込みに行っている」ところがあり、少々難しい部分はあります。

 「割安株を長期投資」という考え方は理解できます。Bの値がゼロにきわめて近い場合、それ以上下がりようが無いのに、きっかけ次第で上がることがあります。勝率は極めて高い。ただ、実戦としては、「割安株のBの部分が変化しつつある」時に投資した方が効率的と思っています。

 ジャフコについては、「Bの部分がシンプル」なんです。全体相場が上昇すれば増加し、下降すればマイナスまで行きます。つまり、「全体相場が上がる」という読みをしたので、「全体相場の予想的中を高い確率で利益に変える」という意味で選択しました。

 大和証券、ケネディクス、トーセイについては、Bの部分に増資を含めた需給への思惑が関係してきています。私は、需給懸念が緩和してきていると判断しました。もちろん、今後どうなるかはわかりません。ただ、増資株の売り取引が監視される傾向は、基本的にフォローと思っています。

 三井不動産に関しては、タイミングが悪すぎでした。「金融緩和を単なる材料扱いで材料出尽くしなど、とんでもない」と思ったわけですが、少しムキになったのかもしれません。マンション供給懸念がある銘柄より、賃貸物件主体のREIT関連の方が、買いやすいという部分もあったと思います。

 正直言って、サイバーAは「鉄板」と思いました。特に、チャートが鉄板でした。これは、話が長くなるので、また、今度コメントします。

 GMO-HSは、子会社グローバルサインへの思惑が出ると考えていましたが、不発でした。

 メディア工房、ウェブマネーはいまいちでした。「4.5月高値銘柄=売られすぎ銘柄の水準訂正」の勢いが強く、7月頃まで強含んでいた銘柄が割り負けした感があります。全体の物色傾向に反して、個別銘柄のビジネス内容が良い等と言っていても、始まりません。ただ、今後、売られすぎ銘柄の水準訂正が一服した段階では、再度面白くなってくると思います。一方、エスケーエレクは、水準訂正の流れに乗りました。

 物色傾向については、選択した(買った)時は不確定なので、物色の流れを読みながら、投資銘柄のウェートを変化させていきますので、実戦では柔軟性が大事だと思います。常に、100銘柄位はウォッチしていないと、話になりません。その意味では、「既に銘柄は選択してしまったので、他の銘柄は興味ない」というようなスタンスは感心しません。こういうタイプの人は、上達する機会を自ら逃しています。

 自分は、「選択の理由」はいろいろとありますが、「選択した銘柄がチャートが良い」と判断した時しか買いません。ファンダメンタルかテクニカルかというと、「両者とも必要条件」と思っています。ファンダメンタルが悪かったり、上がりすぎていても、チャートが良い銘柄もあります。そういうのは少ない金額でやっています。


←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。2010年秋季優勝!!

※応援クリックよろしくお願い致します。29位近辺です。(→株式評論界の大御所先生の近くだったりします。不思議な気分です。私が株を始めた頃、「週刊ダイヤモンドチャート」で巻頭で記事を出していた方ですから・・。)



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






スポンサーサイト



(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)