≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■株で負けた時の話 

 ブログランキングをチェックしていたら、途中で株と全然関係ない題が目に付きました。読んでみると、飼い犬の死にたちあう話でした。何か、心を打たれました。朝から、オリックスの選手の記事を見ていて、まだ原因はわからないようですが、何か悲しい気分です。

 私は、お金にはあまり執着がなく、広い家は淋しいと思うし、大きい車は乗りづらいと思う方です。よく考えてみると、だから、いとも簡単に損切りできるのかな・・とも思います。でも長い事やっていると、厳しい勝負はありました。勿論、どんなに苦しくても、人生を止めようなど、考えた事はありません。自己破産という制度もありますし、実際は、いつも、「30万円程度の種銭があれば、いつでも復活できる」とかなり楽天的でした。

実際、人生、体力や知力は20台がピークなので、落ちていくばかりの人生と考えると、少々気が滅入ります。その辺、株などは、経験が生きますから、(何やら良くわからないが)希望が持てる部分があり、その辺がいいところではないかと思います。是川さんなどは、定年後に株を始めているそうですから、そういうのはいいなと思います。私も修行中というか、成長途上と思っているので、そう思っている限りは、あまり落ち込まないものです。
 
 私としては、株はリスクはありますが、戦っている事でマイナス志向にならずに済んでいる訳ですから、まあ、いいのではないかなどと思っています。出来れば、デイトレしながら天国にいきたいですね。それなら、あまり怖くない。

 そんな事を考えていたら、私が株でかなり負けた勝負を2つ思い出しましたので、ぱらっとチャートで見てみました。ブログを始めた時、この話はいつかしようと思っていたのですが、書かずに来ました。とりあえず、書いてみます。

 1つは、2000年2月頃の「光通信」。2月に241000だった株価は、3月に78800に急落します。このころから、「携帯電話販売に伴う不正」が新聞記事に乗るようになり、4月には11800→18500→9600円と推移します。この頃、「携帯以外でも光通信のやり方は優秀で、コピー機などにも展開できる。買いだ」という意見もあり、私も買いにいくようになりました。途中、12000円への反発局面もありましたが、6月の3000円台突入で投げさせられました。その後、2002年に895円の安値をつけ、2005年には11900になるので、その意見は当たっている部分もあり、はずれている部分もあります。

 もうひとつは、2006年6月頃の新日鉄の相場(売り)。私は、とあるレポートで、「米国の中古不動産の在庫回転率が落ちている。その後、不動産価格は下がる事が多い」との記事があり、調べると、確かにそうなっていました。当時、日本の市場は強気一辺倒で、513円あたりから売りにいきます。11月には、475円をつけますが、12月には691円となり、700円を超えたあたりでギブアップとなりました。

 今思うと、光通信の相場は、「分散投資しなかった事」につきると思います。これだけの急落と、潜在的な買い材料があると、集中投資してしまいます。鉄鋼株については、実際、その後リーマンショックが起きているわけですから、材料分析は間違ってはいなかったが、早すぎました。でも、これも分散投資していなかったのと、主力株を26週線より上で売り上がっている事、材料に自信を持ちすぎた事がいけなかったのではないかと思っています。

 ■リンクにある、「マザーズ専科」もよろしくおねがい致します。(直近の記事は、「ミクシィ決算明け」です。

 ■お手数ですが、応援クリックおねがい致します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング

人気ブログランキングへ
>無料ホームページ

 
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。