≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

■225指数「75日線奪回待ち」 

 本日も、225指数は小動きでした。75日線奪回待ちの地合いです。75日線を奪回すると、パラボリック再陽転もすぐに狙える位置にあります。26週線割れについては、「トレンドを折るような下げ」になる時は、大体割れてから4週目あたりに急落がきます。2004年4月や、2007年8月が良い例です。来週それが起こらなければ、「時間切れ」で自然に上にいくという考え方が現在の基本線です。上げでも下げでも、「しかるべき日柄」で事は起こり、起こらなければベクトルが逆流する事が多いものです。

 日記については、8924リサに、「ひやっ!!」とさせれられた事もあり、個別銘柄記事はちょっと控えて気楽に日記を書いていきます。本年は、8838有楽土地が大成建設に吸収されたり、色々ありますね。分散投資は大事です。

 現在は「リバウンド狙い」が主ですが、正直なところ、相場は勝負な訳ですから、「最安値」をストイックに狙っています。過去、富士銀行(古い!!)などは「最安値」を拾った事もあり、(自分の中では)勲章です。

 6301コマツであれば1600円台、3632グリーであれば、4500円台を「狙って取りに行く」事が大事と思っています。私は、突っ込買いのみ、ナンピン買いを解禁しています。

 順バリ系では、6871マイクロ二クス、9880イノテック、6920レーザーテックあたりは、順調です。2167ウェブマネーも、押したところは買っていきます。

 「リバウンド買い」銘柄については、戻ったところは、半分程度は利食うべきでしょう。下がればもう一度狙いに行けばよいし、225指数が75日線奪回のような局面になれば、そこで「買い増し」すればよい。要は、メリハリだと思います。

 日記は、大勢の人が見ているので丁寧に書いていますが、信用買いをすること自体が真剣勝負な訳で、実は、自分自身が持つ闘争本能が勝負の鍵です。統計とは、「準備」であり、チャンスとみれば、「闘争本能がもたらす勝負勘」がものを言います。「勝負勘」とは、経験に裏打ちされたものでなくてはならず、「統計」は勘を補強します。

 相場は筋書きのないドラマですから、勝つ事がすべてです。

 ■リンクにある、「マザーズ専科」もよろしくおねがい致します。(直近の記事は、「落ち着きを取り戻す」です。

 ■お手数ですが、応援クリックおねがい致します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング

人気ブログランキングへ
>無料ホームページ
スポンサーサイト


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)