≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■米国公定歩合引き上げと日本株式 

 先週は、米国公定歩合上げでグローべクスが下がっていた事もあり、円安との綱引きで揉み合った後、引けでは下に行きました。欧米がプラスで戻ってきたので、来週は、再度75日線突破から、週末には26週線突破を目指す展開です。

 今回は、FFレートを据え置きました。基本的には、米国の利上げは、「円安に行く場合」「製造業景気を刺激しすぎない」前提で日本株式にはプラスと考えています。

 為替は、久々に26週線を突破してきましたので、まずは来週に注目です。

 日本株式については、恣意性が少ないJQ指数でいうと下記の通りです。

■景気回復期のJQ指数

 1998/10 23.0 → 2000/2 130.74
 2003/3 36.36 → 2004/5 105.07 → 2004/11 80.63 → 2006/1 142.87 

 為替との関連でいうと、1998年は「安定型」1998/10の 113.55 → 2000/2 107.13 という為替安定の中、景気回復を素直に映した相場となりました。

■2004年の為替相場

 2004/2 105.3 → 2004/5 114.8 → 2004/12 101.92 → 2005/12 121.39 

 JQ指数と比べるとわかるように、「為替連動型」でした。

 2004年に、最初に、公定歩合・FFレート同時引き上げがあったのは、2004年6月でした。この時は、2004年5月まで、金利上昇を為替が先読みし、日本株式も、(2004年1月に中天井をつけたNASDAQとは反対に)上昇となりました。

 では、何故、2004年は、為替は「円安→円高」に行き、株価も踊り場(調整)を迎えたかというと、2004年、2005年は、貿易収支が年間10兆円を超えていました。資本収支は、2004年は「黒字」で、2005年に大幅な「赤字」となり、円安→株高に戻った事になります。

 製造業実態への影響でいくと、北米半導体装置のBBレシオの受注をみると、2003年8月が7.3億ドル→2004年6月が16.1億ドル(中ピーク)→2005年9月 9.8億ドル(中底) → 2006年8月 17.3 億ドルと推移します。グリーンスパン前議長が「我々は2004年、2005年に相次ぐ利上げにより住宅バブルを鎮静化しようとしたが、無力だった」と発言しているように、当時は住宅バブル・インフレを鎮静化しようとする連続利上げが、製造業にも影響し、米→日 の順番で、株価は踊り場を迎えました。

 今回は、貿易収支は2009年で2.8兆円の黒字、2004.5年の4分の1です。今後、米国のFFレート引き上げを織り込みに行くとなると、現在26週線を超えてきた為替がドル高にいくかどうか、まず注目です。2004~2005年でもわかるように、「資本収支のタイムラグ」があるのが、為替の難しいところです。チャートをしっかり見ていくしかありません。

 製造業実態については、北米BBレシオは、先月1月の受注が11億ドルと直近で最高、レシオも1.2であり、これが今後どう推移するか見ています。今回は住宅は逆にかなり盛り上がらない展開ですので、製造業実態を強烈に腰折るような引き上げをする可能性は小さいと思います。ただし、商品市況だけは、又、上昇基調となってきているので、一定のインフレ防止引き上げはあると思いますので、これも指標を継続して見ていきます。

 日本のBBレシオの受注も、1月はこの1年で最高ですし、特筆すべきは、レシオの「1.36」です。2004年は、受注水準こそ現在の1.5~2倍でしたが、レシオは1.0を挟んで揉み合っていました。(2004年1月~6月の推移:1.38、1.15、0.90、0.91、1.10、1.19)つまり、現在は、「供給が追い付いていない」状況のようですので、製品価格も売り手優勢になる可能性があり、強気の背景です。

 結論でいうと、「緩やかな金利引き上げ」→「緩やかなドル高」→「株価上昇」といくシナリオがまずは有力シナリオであり、為替と実態景気をみながら、(引き続き)株価のチャート分析を行っていこうと思います。

 まずは、来週、225指数の「75日線再奪回」「26週線奪回」を期待します。

 ■リンクにある、「マザーズ専科」もよろしくおねがい致します。

 ■お手数ですが、応援クリックおねがい致します。現在、44位近辺です。「ブログお休みライン」の50位にまた近づいてきました・・・・。「私の立場」にたって頂けるとわかります。ブログに広告を貼っている訳ではなく、これが楽しみなんですよね・・・。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング

スポンサーサイト


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。