≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

■225指数26週線奪回後の作戦 

今週、225指数は26週線を奪回しました。

2回前の記事を再掲します。(月日は、割れた月→奪回月に修正しました。)

■225指数、26週線を3~9週で奪回した場合(奪回月、奪回時間、推移)

① 2009年12月 5週奪回 10025 → 2010年1月 10982 +9.5%
② 2006年9月  3週奪回 16127 → 2007年2月 18300 +13.5%
③ 2005年6月  9週奪回 11514 → 2006年4月 17563 +52.5% 
④ 2002年2月  7週奪回 10356 → 2002年5月 12081 +11.7%
⑤ 1999年1月  9週奪回 14499 → 2000年4月 20833 +43.7%

普通に順張りで戦っても、そんなに悪い結果にはなりません。

ただし、奪回後の3週間の上昇率は、+4.7、+3.2、+0.4、+12.5、-2.7(以上%)、平均3.6%と、あまり高くありません。つまり、注意したい事は、26週線の下に3~9週いるという事は、それなりに好材料と悪材料があり、奪回後も、ゆっくり上昇する事が多い。ただし、その後、どこかのタイミングでしっかり上昇する確率が高いという事です。

JQ平均は、同、+1.8、-4.2、+3.7、+7.0、+6.3%と、225指数と大差ありません。

もう少し考察を続けます。

■上記局面の大勢相場上の位置

① 直近
② 225指数、長期上昇最終局面、JQ指数24ヵ月線より下
③ 225指数、上昇2年、踊り場からの上方離脱局面、JQ指数24ヵ月線より上
④ 225指数、長期下降中の反発局面、JQ指数24ヵ月線より下
⑤ IT相場の入り口、JQ指数24ヵ月線より上

JQ指数が24カ月線よりも上だったのは、③と⑤、現在、(恣意性の少ない)JQ指数は、24ヵ月線より上にあります。

ここまで、チャート形は、2004年当時に似ていましたが、米国の住宅情勢等を考えると、景気が上→下→上に行くような、極端な金利引き上げを米国が実施する可能性は小さいように思えます。

極端な金利政策が無ければ、株価も景気循環に合わせ、順調な回復形をたどる可能性が高く、現在、24ヵ月線を越えたばかりのJQ指数が良いベンチマークになりそうです。1999年当時の、225指数26週線奪回後のJQ指数の3週間の上昇率は、6.3%、今回、どうなるかしっかりウォッチしていきます。

 ■応援クリックお願い致します。心機一転頑張ります。

 ようやく、しっかり実践売買銘柄が上がったのに、再び46位に下がってきました・・・。いきなり、日記お休みライン50位近辺です・・・・。何とかお願い致します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング






スポンサーサイト


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)