≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■新興市場/押し目の研究 

 本日は、2回目の記事になります。非常に久々ですが、それだけ、現在の局面は重要と見ているからです。特に、新興市場については、ここで買うか売るかで、本年のパフォーマンスは大きく変わってくると思います。

 そこで、「新興市場の押し目の考察」をしています。全体の読みがあって、その次に個別銘柄の読みです。

 新興市場の「連鎖安リスク回避」については、実は、高値からの数日間、一時的に警戒すればかなりの部分が防げます。26週線、25日線上での調整で最近1年の「最悪形」は、昨年7月の局面ですが、これも、「高値から5日間」で急落しており、この日柄を通過すると、ぐっとリスクが減ります。その意味で、金曜日で高値から3日間なので、月・火と警戒すれば、リスクは減ると考えています。ただし、昨年7月は、「上昇4ヵ月、短期過熱」の局面であり、現在とは、状況が違うと、一方で考えています。

■マザーズ指数・現在の状況
  
 ・3/24高値から3日(高値含む)
 ・上昇約1ヵ月半、高値454.54 → 安値 439.36 下落率 △ 3.3% 
 ・25日線と75日線のゴールデンクロスから3日目からの調整

そこで、「安値からの上昇が3ヵ月以内、GCから1ヵ月以内」という条件で、よく似た状況を検索します。

■検索
 マザーズ 2009/4  上昇約1ヵ月半、高値から4日、下落率 △5.2%
 JQ     2010/2  上昇約1ヵ月半、高値から5日、下落率 △4.6%
 JQ     2004/2  上昇約2ヵ月半、高値から3日、下落率 △2.9%
 JQ     2003/5  上昇約2ヵ月半、高値から10日、下落率 △3.6%
 JQ     1998/12  上昇約2ヵ月、高値から4日、下落率 △2.1%

■考察
 最も、多いパターンが「高値から 3~5日」、平均下落率で△3.7%です。したがって、私は、来週前半に、「警戒しながら押し目買い」です。仕込み局面継続です。
 
■応援クリックよろしくお願い致します。いつも有難うございます。  

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング





スポンサーサイト


(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。