≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin

■現在の大局観 

 本日は、225指数、マザーズ・ヘラクレス指数は調整しました。JQ指数は続伸しました。

 JQ指数については、2月の調整を、75日線に触れずに経過した世界の株式市場でも有数の頑強市場で別格です。

 本日の調整については、あまり心配していません。昨春の225指数では、3~7月相場で、25日線に触れる事が2回、接近が1回あり、7月の4回目の調整で25日線を割れて75日線にいきました。3回の25日線との乖離率が10%、6.7%、6.5%です。昨日が5.5%程度の乖離だったので、今回、25日線に接近するような調整になるか、単なるスピード調整になるかについては、明日以降の相場を見て判断します。

 いずれにせよ、「鉱工業生産指数が数ヵ月上昇後に、再度金融緩和をする」というのは、(私の経験では)無かった事であり、強気に何の変更もありません。

 私は、本格上昇相場と見た場合には、ボラティリティが高い新興市場を中心に攻める事にしています。

■昨春のマザーズ指数の揉み合い入りのポイント(日中足高値と25日線との乖離幅)

 4/27  40P
 6/2   44P
 6/22  43P
 7/7   44P

 「40~45P乖離して揉み合いを」繰り返し、「25日線には一度も触れずに7/7まで約4ヵ月上昇」しました。

 昨日段階で、マザーズ指数は約35Pの乖離でしたから、揉み合いに入る可能性はあるわけですが、いずれにせよ(個人的には)上昇2ヵ月程度で弱気になる気はないので、これも明日以降の相場を見ながら判断します。現段階では、スピート調整の可能性が大と判断しています。

 全体相場が上昇基調をキープしていれば、循環物色は続くと見ており、まずは全体相場の判断が重要と考えています。

実践売買 34 大陽線後の5日線接触(正確には明日接触可能性) 3769 GMO-PG

 ■応援クリックよろしくお願い致します。
●最新の注目銘柄を人気ブログランキング、株ブログのコメント欄に書く事にしました。日々更新します。● 
 

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング



 








スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)