≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

■本日の相場 

 本日は、225指数は25日線奪回、新興指数も反発しました。

 本日は、新興市場の予想です。まずは、3月の「新興市場/押し目の研究」の再掲からです。

<再掲>
■「安値からの上昇が3ヵ月以内、GCから1ヵ月以内」という条件で、よく似た状況を検索 
 マザーズ 2009/4  上昇約1ヵ月半、高値から4日、下落率 △5.2%
 JQ     2010/2  上昇約1ヵ月半、高値から5日、下落率 △4.6%
 JQ     2004/2  上昇約2ヵ月半、高値から3日、下落率 △2.9%
 JQ     2003/5  上昇約2ヵ月半、高値から10日、下落率 △3.6%
 JQ     1998/12  上昇約2ヵ月、高値から4日、下落率 △2.1%

■3月の考察
 最も、多いパターンが「高値から 3~5日」、平均下落率で△3.7%です。したがって、私は、来週前半に、「警戒しながら押し目買い」です。仕込み局面継続です。

■現在の考察
 今回は、マザーズ指数で、昨日で高値から3日、下落率で5.5%、若干大きめの調整です。

 昨年の7月の「高値より5日間の急落」と最初の3日は類似形となりましたが、予想通り、4日目で大きく形を変えました。これは、上昇日柄が当時は4ヵ月、現在は2ヵ月半、大勢位置が前回は24ヵ月線より下、現在が上なので、十分予想可能でした。

 本日、「陽線はらみ足」が出ています。これは、昨年のマザーズ指数では、6/10、7/14、10/6と、相場の転換点でことごとく出ている足で、プラスポイントです。「前日の値段・経済環境を判断して、寄り付きから買いが集まり、日中足で安値を割り込まない」事により成立する足であり、単なる格言のようなものとは違い、ある程度の信頼性があります。

 昨年6/10、7/14、10/6の次の日は「しっかりした陽線」を出し、15~20日程度の上昇相場に移行しています。

 したがって、「明日陽線を引けば、すんなり上昇、陰線を引けば、数日間の揉み合いに移行」の可能性が高いと現段階では見ています。

 個別では、チャンスゾーンからの離脱(急伸)局面でありながら、全体の急落で一緒に下がった銘柄が、本日は強かったようです。代表的なところでは、3627 Pワークス。「強いな・・・」と思っていたら、引け後に分割発表でした・・。

 ■応援クリックよろしくお願い致します。いつも、有難うございます。
 ●最新の注目銘柄を人気ブログランキング、株ブログのコメント欄に書く事にしました。● 
 

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング





 
 



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)