≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■本日の相場 

 本日は、225指数・新興指数ともに反発しました。

 やはり、「チャートが煮詰まった後」は反応が良いようです。

 国際的な視点からは、「ドイツ株式市場がユーロ離れしつつある」事が注目です。(個人的には)、ユーロ圏で独歩高もありうると思っています。市場が落ち着きつつある一つの現象です。

 国際的な連鎖安の時は、やはり、米国市場が先行して立ち直る事が多く、日本市場は、米国市場を追随する可能性が大と見ています。投資主体の投資スタンスも影響しています。「まずは米国」がセオリーです。

 現在のように、決算発表時期は、もともと、(今回の世界連鎖安にかかわらず)日本市場は膠着する事が多いので、なおさらの事です。多くの銘柄を保有する投資主体が、決算期に少しポジションを軽くするのは、通常の投資スタンスです。(これは、比較的大口の個人投資家にも当てはまります。)

 米国市場については、26週線に接触後、すぐに切り返してきています。今週末に13週線まで捉えて引けてくると、「必勝形」となります。今週、後2日、現在の水準をキープ出来るか注目です。

 今回の欧州危機の関係で、(当局の為替対応の視点もあり)、金融緩和が「欧州→米国→日本」と連鎖してくる可能性が大きく、米国市場が堅調であれば、日本市場もワンテンポ遅れて上昇に向かうと読んでいます。

 個別銘柄については、私は、現在は、引き続き「突っ込み買い」のスタンスです。全体が落ち着いてくれば、順次25日線を突破してくると思いますので、そのタイミングで異常モードから通常モードに戻す予定です。

実践売買37 「リバウンド狙い」  8604 野村H

■応援クリックよろしくお願い致します。そろそろ、ランキングコメント銘柄も出していく予定です。
 

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
株式投資ランキング


スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。