≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■JQ指数の統計からの、買いスタンスの理由 

 私は、オプションや先物などの影響がほとんどなく、また、特定銘柄の影響を受けにくいJQ指数を重要視してます。
統計にだましが非常に少ないのが特徴です。
 JQ指数は、昨年の11月に「200日線割れ→200日線突破」をしています。その時、下記の統計をブログで書きました。

 今月も、「200日線割れ→200日線突破」を示現していますので、その時の統計を再掲します。

■JASDAQ平均の200日線突破(昨年12月の記事)

今回は、11月30日に「200日線突破」を果たしましたが、過去の200日線突破とその後の動きは以下の通り。

 2009/6~ 2009/9 3ヵ月上昇
 2005/1~ 2006/1 1年上昇
 2003/4~ 2004/5 1年1ヵ月上昇
 2002/3~ 2002/6 3ヵ月上昇
(2000/4~200/5 1月上昇 →だまし)
 1998/12~ 2000/2 1年2ヵ月上昇 

昨年11月30日以降にも、その後、数か月の上昇相場に入りましたから、「だましのない、JQ指数200日線突破のシグナル」は継続中です。

これに加え、先週は、「W底完成、26週線突破、25日線突破」を示現しています。いずれも、強いシグナルです。


更に加えますと、今回、JQ指数が下げ止まったポイントは、昨年夏の高値とほぼ同じ水準、いわゆる「S点」で下げ止まって切り返してきています。中期の戻り売りが少なく、直近の戻り売りだけこなせば良いチャート形で、「S点下げ止まりは買い」は、迷信的な格言と違い、需給から合理性があると思っています。

以上、3点の考察より、私は強気対処を行っていきます。

■応援クリックよろしくお願い致します。

ブログランキング、株ブログのランキング銘柄更新しました。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ










スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。