≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■長期金利からの買いのタイミング 

 少し休憩したので、ブログ再開します。

 現在は、「新興有利」のスタンスは変わっていません。

 JQ指数は、依然として、200日線上、25日線と75日線の間に位置しており、相対有利な状況です。

 ただし、225指数が下げ基調と読むのであれば、新興株もあまり強気にはなれません。しかし、今の長期金利の動向を勘案すると、極度に悲観する必要は無いと考えています。

■長期金利と株価の動向

長期金利75日線割れ  長期金利ボトム 金利ボトム日の株価  3~4ヶ月後の高値

2005/3/24        2005/6/30      11584          13783
2007/2/22        2007/3/22      17419          18240 
2008/2/27        2008/3/24      12480          14601 
2008/11/19        2008/12/30      8859           9068 
2009/11/13        2009/12/1      9572          11408 
20010/4/19        (2010/6/25)      

長期金利は、上から、1.170 1.555 1.260 1.169 1.205 1.149

■考察

長期金利は、直近5回は、直前の75日線割れから約 1~3ヵ月、テクニカルではボリンジャー-2σ割れ近辺で下げ止まっています。今回は、75日線割れから約2ヵ月経過、ボリンジャー-2σ割れ、水準も過去6回で最低です。

「リスク回避、追加緩和、財政再建姿勢」等、色々と原因はあると考えられますが、2008年11月のような、本当の大底(鉱工業生産指数で80割れのような局面)を除けば、基本的に株は買いスタンスと考えられると思います。

■やる気を無くさないよう、頑張ります。応援クリックよろしくお願い致します。
 


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ





 
  
スポンサーサイト


この記事へのコメント

こんばんは。いつも参考にさせてもらってます。
現在の相場に対して気になっていることがいくつかあります。
もしよろしかったらそれらについて、ブログにて触れていただければ助かります。
 まず、225ですが、週足チャートで、3月からの下値支持線を5月21日に下抜いているのが気になっています。その後、52週線で跳ね返されて再度下値試しをしているのが現在の状況です。
 次に、ここにきてマクロの数字等にも悪いものが出てきていることでです。アメリカの住宅指標は最悪ですし、GDPなんかも確報値で下方修正が出ています。
 さらに、為替の動きについてですが、ユーロ安が最近の市場軟調の元凶だとされていますが、そのユーロの反発がものすごく鈍いことが気になっています。
 しかもここまで下がってきているのに、騰落レシオは100を超えていて売り込む余地が大きい気がするのです。
 私の今のスタンスは新興の買いオンリーですが、新興と言えども225にはどうしても連動するので、先週中にキャッシュの比率を高めておきました。
 フクフクさんご推奨の2167ウェブマネーなどは、売るのが早すぎて悔しい思いもしてますが、今はちょっと強気になれずにいます。

 現在の相場について、ご見解をお伺いできればと思います。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。