≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■米国市場の長期波動 

 本日は、米国市場の長期波動を検証します。

■ナスダック現在のポイント

2009/3~2010/4 1年1ヵ月上昇
直近の安値 2010/7
400日線<300日線<200日線

現在、200日線の攻防中

■考察
ナスダック指数の長期波動については、「長期上昇/短期急落」が特徴で、1年以上の下降は、過去20年で2回しかなく、今回が3回目です。今回の調整について、極めて特徴的であるかの論調もありますが、「ごく普通の調整」と見ています。

■1年以上下落→1年以上上昇→調整の局面

1990/10~1992/2 1年4ヵ月上昇 調整4ヵ月 1992/6 300日線接触ライン
2002/10~2004/1 1年3ヵ月上昇 調整7ヵ月 2004/8 400日線接触ライン

過去の2回において、どのポイントで「調整完了」を捉えると正解だったかというと、「300日線接触後の200日線突破」でピタリとはまります。


今回の調整については、「若干日柄が浅い」感じはありますが、7月安値で300日線に接触していますので、今回はっきりと200日線を奪回すると、すんなり上昇に転じてもおかしく無い状況です。

上記の考察からは、1年以上の急落後の相場としては、特徴的に弱いとは全く考えられません

尚、2004年型になったとしても、一直線に400日線にいくわけではなく、ジグザグいきますので、1ヵ月弱の日柄感で上昇/下降を繰り返すイメージで対応すれば特に傷は負いません。

■応援クリックよろしくお願い致します。随時更新します。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。