≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■チャート的には買い局面 

 昨日、NY市場は雇用統計にもかかわらず、ほとんど下げませんでした。予想以上に強いと見る人もいるかも知れませんが、私は、「予想通り強い」と思っています。

 先日、過去の「1年以上下降→1年以上上昇→調整」の検証で、結論として、「ナスダック市場が300日線割れ後、200日線奪回で買い」としましたが、もう少し条件を緩めて、「300日線割れ→200日線奪回局面」を検証します。
直近の7回遡ります。

■ナスダック 「300日線割れ→200日線奪回局面」

200日線奪回日 株価  2ヵ月後の株価

2006/9/14   2,228   2,430  +9.1%
2005/5/19   1,994   2,173  +9.0%
2004/10/27   1,969   2,154  +9.4%
2000/6/ 2   3,813   3,658  △4.1%
1998/9/23   1,760   1,977  +12.3%
1997/5/2    1,305   1,455  +11.5%
1996/8/2    1,124   1,233  +9.7%

結果は6勝1敗です。ただ、2000年は上記のポイントで、高値5,049から24.4%下落していて、私なら対象外です。

■上記ポイント近辺における225指数の安値の日付

2006/9/25、2005/5/17、2004/10/25、2000/5/26、1998/10/9、1997/4/11、1996/9/3

225指数の安値の日付を見ればわかりますが、「ナスダック300日線割れ後、200日線奪回」近辺で安値を付けて上昇に転じています。最も遅いのが1996年で1ヵ月後です。今回のナスダック奪回日が「7/23」 ですので、8月中には225指数もかなり強含んで来ると思います。

■225指数「上記の安値の後の相場」

2006/9/25 15,513  10/24  16,901
2005/5/17 10,788  8/23  12,612
2004/10/25 10,575 翌 1/11 11,580
2000/5/26 15,870   7/4  17,661
1998/10/9 12,787  11/27  15,320
1997/4/11 17,447  5/20   20,612
1996/9/3  19,920  10/18  21,788

いつものように225指数はナスダックに遅行していますが、かなりの上昇率です。


※応援クリックよろしくお願い致します。ランキング銘柄(コメント)随時更新します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ








スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。