≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■ボックス相場の再確認 

 昨日のNY市場は、大幅に下げました。そこで、朝から過去の検証を再確認しています。

 今回の局面は、米国住宅市場、急速な円高(マイナスベクトル)、(中期的には)良好な新興国経済(プラスベクトル)という特徴はありますが、「1年強の景気回復局面から、景気減速を織り込んでいる」という点では、やはり、2004年がベンチマークとなり、チャートを比較しながら日柄感、強弱感をはかっています。

材料(経済環境)を読む事も必要な事とは思いますが、株価は短期的には、おもに需給要因から、「人間心理を映しだし、経験則で習性を捉える事が出来るもの」と思っています。そして、チャート分析は、「習性を捉えにいく」という事であって、「確率が高い形((売買タイミング)を探し出す」という事だと思っています。その意味では、ある程度割り切りが必要であって、「必ずそうなるもの」では無いと思っています。ただ、精度を上げていくと、結果として投資パフォーマンスは良くなる事が多いものです。

 私の経験則では、株で成績が良い人の大半は「割りきり/チャート重視派」なんですね。尚、私は理屈で合理性を説明できないので、一目均衡表は使った事がありません。(好みの問題かもしれませんね。)

 2004年型の225ボックス相場を再掲しておきます。

■2004~2005年 ボックス相場の検証

高値日 高値  高値日の+2σ) 安値日  安値  調整中の-2σ割れ滞在日数(引け値)

4/26  12,195   12,329    5/17  10,489  7日
7/1  11,988   11,975    8/16  10,545  3日
9/8  11,357   11,354    9/28  10,815  2日
10/7  11,410   11,457   10/25  10,575  0日
11/16  11,268  11,282   12/10  10,730  0日
3/7   11,975   11,920   4/21  10,770  5日 
(6/2)11,374 (11,324)  → 中期上昇 

直近の相場に関しては、「本格上昇にはまだ調整日柄が浅い」事を示唆していますが、一方で、本日(おそらく)ボリンジャー-2σに突っかけてくる筈です。基本的に、「最初の急落を除き、ボリンジャー-2σ割れからは買い方優位」と思っています。

日柄的には、(225指数は25日線上で揉み合っていた訳ですが)、結果としては、7/14高値を更新できずに下げてきていますので、調整日柄はそろそろ1ヵ月になるところで、大雑把にいうと、調整が完了する日柄感となってきています。ただ、NYが下げ始めたことろなので、その兼ね合いで日柄感が難しい部分はあります。

調整に関しては、毎回「材料は違う」訳ですが、終わってみると「相場は落ち着くところに落ち着く」という事を延々と何十年も繰り返している訳で、今回も、「チャートの売られ過ぎポイントから買いに行き、落ち着くところに落ち着くのを待つ」というスタンスで(私は個人的に)相場に臨みます。

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。現在トップ!!

※応援クリックよろしくお願い致します。ランキング銘柄(コメント)随時更新します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。