≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■本日の相場 

 本日は、225指数は、「下髭の5日線突破」となり、基本的に戻りを試すチャート形となりました。

 結果としてみると、ここ数日の寄り付きの「NY安/円高」局面で買えば既に取れている事になります。ボックスと読むのであれば、当然、直近の悪材料を寄り付きで織り込んだ地点は常に狙い目になる訳で、逆の行動をとらないようにしたいものです。

 さて、現在はボックスと読んでいる訳ですが、若干下値切り下げ型となっています。そういう意味では、「下限で買いに行くのであれば、(反対に)上限はカラ売りでいくべきでは?」という話も出てきます。

 実際のところは、選手権の過去の成績、ブログの経緯を見ていただければわかりますが、ここまで1年、「買いのみ」で凌いで来ています。これは、「いまだ景気過熱/金利上昇局面を見ないうちのカラ売り」にはどうもいきにくいという事から来ています。株の基本は「金融相場→業績相場→逆金融相場→逆業績相場」だと思っています。現在は、金融相場→業績相場にすんなりいけず、調整をしている局面と見ています。過去に十分検証されている株の基本スタンスを、チャートで確認しながら進んでいくのが私のやり方です。

 一方、私のスタンスが支持をされないとするならば、買い局面では買いとはっきり言うものの、売り(過熱)と読んだ時はお茶を濁すような表現を使っているからだと、自分でも自覚している部分はあります。

 考えてみると、上昇1年強の後に現在のような数ヶ月間の揉み合い局面は過去も何回もあったわけで、又、将来、ステージが進んで金利上昇の初期局面でも揉み合い相場はあると思われ、カラ売りを混ぜた方が資産増殖に役立つような気もしています。ただ、いまだ金利上昇局面を見ないうちにカラ売りにいって失敗した場合は、自分に言い訳ができない(失敗した場合に納得感が無い)ので、ボックス上限と読んだ地点では、キャッシュポジションを高めるにとどめるかもれません。

 う~ん、どうしましょうかね・・・・。

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。現在トップ!!

※応援クリックよろしくお願い致します。ランキング銘柄(コメント)随時更新します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。