≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■本日の相場 

 本日は225指数・新興指数とも反落しました。

 225指数は、業種別では、やはり、不動産が動意づいていて、来週が注目されます。新興市場については、4751 サイバーA 、 4819 Dガレージが引き続きプラスで引けており、前場マザーズ指数が前日引け近辺まで戻したたように、海外市場を考えれば強含みと見ます。季節要因最悪期を抜けたプラス要因と、信用期日売り・外部環境悪の綱引きがまだまだ続きそうですが、うねりは見えてきています。うまく物色に乗れればチャンスはたくさんありそうです。

 新興市場については、今後は、昨日発表の外人買い越し25億円が、ボディブローのように効いてきそうです。1部市場の不動産と合わせ、物色は内需型優勢でした。

 注目のNY市場は、ナスダックで、丁度300日線の攻防に再び移っています。何回かブログで検証したように、調整4ヵ月程度の日柄からは、92年型は、「300日線~200日線の間で2~3ヵ月揉み合い」、2004年型は「300日線割れから400日線接触」で調整完了しており、両者をベンチマークに、比較しながら、市場の強弱をはかっていこうと思っています。いずれにしても、あと2~3ヵ月は「揉み合い」と考えています。

 来週については、引き続きNY睨みで対応していきます。日銀の対応については、昨年と同様、「対策が出たら、メディアが不十分と批判→円安に振れた場合は見直しコメント」となる事を予想しています。いずれにしても、相場の実戦対応では、あまり役に立ちません。

 為替についても、NY市場がどうなるか(NY市場がどの時点で景気減速を完全に織り込むか)で左右されると見ています。

 個別銘柄については、昨日は「2番手銘柄」が堅調でしたが、本日は一服したものが多く、週末に再度、チャートを中心に洗い直してみます。1部市場は引き続き「不動産、素材」、新興市場は「流動性の高い時価総額上位銘柄→ソーシャルネット関連→ネット決済・クラウド関連→出遅れ銘柄」と、再度、物色仕切り直しが基本線と見ています。今後の展開によって、機が熟したと読んだ場合は、為替敏感銘柄を攻めてみます。日柄的には、ハイテク等も「そろそろ」と見ています。


←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。現在トップ!!

※応援クリックよろしくお願い致します。ランキング銘柄(コメント)随時更新します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。