≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin

■動き出した新興市場 

 本日は、225指数は弱かった訳ですが、新興市場はやはり動いて来ました。

 先週の、4751サイバーA, 4819 Dガレージの動きで変化の先取りの動きが出ていたので、順当な動きと言えます。時価総額の大きいところでは、本日、4813 ACCESSも動いて来ました。「指数感応度が強い」事は、リバウンド第一波では重要なファクターです。

 今月の初めごろ、ランキングコメントでは、「4819 Dガレージ等、新興主力株を静かに拾う」と出しておき、記事ではこの3銘柄を書いておきましたが、、順当に戻りに入って良かったと思います。

 この3銘柄、テクニカルリバウンドという見方もありますが、「出来高を伴った上値抵抗線突破+25日線突破」を示現しており、単なるリバウンドの域を超えつつあります。

 このような動きになってくると、「2番手銘柄」がどの辺りにくるのかを、しっかりウォッチしていく事が重要です。候補銘柄はたくさんあります。

 本日は、6778 アルチザ N 辺りは 一瞬にして火が付いており、明日以降もこういう銘柄は出てくると思います。潮目の変化の兆しありです。3727アプリックスも強かったですね・・。

 今後の狙い目としては、やはり、「出来高を伴った上値抵抗線突破+25日線突破」を示現した銘柄から順次乗っていくのが効率的であり、「既に上がってしまった」とは考えない方が良いと思います。以前、ブログの記事で(選抜レースの登録銘柄を使って)「25日線突破法」の上昇率を検証しましたが、2週間で10%強の上昇率でした。

■ 昨年11月1日の記事(再掲)

直前の記事で、レースの登録銘柄を検索し、「単純保有」した場合に、2ヵ月間に+8.7%となった事を書きました。ただし、これだけではあまり意味がありません。新たな投資手法を模索しなければいけません。

時計の針を、レーススタートの7月6日に戻し、新たな投資手法を考えてみました。
(7月6日の時点で、登録銘柄10銘柄をリストアップしていたと仮定します。)

①7/6以降に、最初に25日移動平均線を下から上に突き抜けた日の終値で買う
②10日間所有し、10日後(営業日)の引値で売る。

2492 インフォマート  9/1買   +9.3%
2315 SJI        9/15買  +12.5%
6885 ミヤチテクノス  8/10買   -7.0%
8838 有楽土地     7/31買  +48.4%
3745 サミーネット   7/16買  +3.8%
2489 アドウェイズ   10/1買   -2.7%
4093 東邦アセチレン  8/15買  +12.2%
7575 日本ライフライン 10/13買  +1.4%
8411  なし
5707 東邦亜鉛     7/23買  +13.1%

 ■10日間(2週間)の平均上昇率は+10.1%

 登録銘柄の単純平均が2ヵ月で+8.7%(平均)ですから、はるかに上回ります。仮に、8838有楽土地が「出来過ぎ」として削除したとしても、大幅に単純保有平均を上回っています。この手法だと、2492や2489の一番おいしい部分がとれていませんが、反面、3745や6885に引っかかることなく、「短期で回転」します。機械的なので、「実行可能」です。
                                         /以上


 本日、「出来高を伴った上値抵抗線突破+25日線突破」を示現した銘柄を実践売買銘柄として上げておきます。(久々ですね・・・。)明日以降もシグナル点灯銘柄が増える事を期待しています。

 実践売買51 25日線突破  「3627 Pワークス」


追伸:日経マネー10月号に載りました。(61ページ目、126ページ目)嬉しい事です!!

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。現在トップ!!

※応援クリックよろしくお願い致します。ランキング銘柄(コメント)随時更新します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)