≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

■チャート的トレンド転換のはかり方/具体的な話 

 現在、個別銘柄では、トレンド転換していると推定される銘柄が増えてきています。

 そこで、私が何を持ってトレンド転換を図っているか具体的な銘柄で見ていきます。
 
 まずは、4751 サイバーAです。この銘柄については、下記のように考えています。

 サイバAーは8/10に、「安値から4日目で25日線突破」しています。ここが一つ目のポイントと見ています。5/18からの上昇日柄でサイバーAは25日線を突破していますが、この時は「日柄13日目」です。

 つまりは、13日間もかかって25日線を突破しても、その地点にいくまでに、エネルギーと上昇日柄を使ってしまっているわけで、2つ目のポイントである、「25日線突破後、3~4日間の動き」が悪くなってきます。今回、サイバーAは、25日線突破後の3~4日、(動きは小動きでしたが)陽線が多く推移しており、この段階で、「上昇余力を残している」と判断しました。

 サイバーAは,2009年3月にもトレンド転換している訳ですが、この時も、切り上げ型のW底から「安値から3日目で25日線突破」しています。

 2009年3月時は、その後、25日線突破→75日線突破の後、揉み合いに入りますが、25日線が75日線を上抜くまで、株価が75日線上で持ちこたえています。今回、75日線近辺で調整していますので、今後どうなるかが、現在のポイントです。

 私がブログでよくコメントする8595ジャフコについては、6/9からの反発は25日線に接触する地点で既に弱含んでおり、トレンド転換からは「論外」。6/30からの反発は、「安値から8日間で25日線突破」していますが、若干日柄がかかり過ぎている(微妙な日柄)事もあり、25日線突破後の3~4日の動きは弱く、「トレンド転換に至らず」でした。今回は、月曜日で「安値から4日目」であり、チャートをしっかり見ていきますが、金曜日の陽線の長さから判断すると、かなりポジティブに見ています。

 私は上記のように、「25日線を突破するまでの日柄=短い方が良い」、「25日線突破後3~4日の動き=上昇力が弱っているかどうか確認する」が、個別銘柄のトレンド転換をはかる初期のポイントと見ています。
(尚、昨日の「下値を切り上げている銘柄」との関係ですが、下値を切り上げている銘柄は、必然的に「株価が25日線に近いポイント」にいる訳で、その意味で、「上昇余力を残して25日線突破する確率」が高まるわけです。一方、「大きく下げている銘柄」については、下げたポイントからのリバウンド率という、短期切り取りの妙味は大きい訳ですが、その分、25日線近辺で動きが止まる確率が大きくなり、一旦下がって仕切り直しとなる確率も大きくなるのが一般的です。)

 上記のような見方から、私は、「戻りは限定的」とか「トレンド転換」とかのコメントは、(チャートを重視する)相場巧者はこの段階では発しないと思っています。

 ただし、個別銘柄をみると、今回、日柄浅く25日線を突破しそうな銘柄(既に突破している銘柄)が多くあり、トレンド転換する「可能性」は割と高いと思います。その意味では、この段階で「戻りは限定的」と言っている方がより問題ある考え方と思っています。

 チャートを見ながら柔軟に対応する事が大事だと思います。

追伸:日経マネー10月号に載りました。(61ページ目、126ページ目)嬉しい事です!!

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。現在トップ!!

※応援クリックよろしくお願い致します。久々にランキング銘柄出しました!


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

最近投資を始めたばかりの初心者でとても参考になりました!
> 最近投資を始めたばかりの初心者でとても参考になりました!

>ご訪問有難うございます。初心者とはご謙遜かもしれませんが、始めたばかりの方にも、私が言いたい事がわかりやすいように書かなくてはいけないと思いました。改善しながら頑張っていくつもりです。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)