≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

■NYダウの日柄分析 

 本日は、NYダウの日柄分析です。

 現在は、ダウの方がナスダックより相対的に強く、これは、(個人的には)金融相場的な色彩が強まってきているからと見ています。

 今回も、2004年と比較しながら分析しますが、結論から言ってしまいますと、巷間で言われている程は弱くないようです。

■NYダウ日柄分析 … 「15日移動平均線を明確に跨ぐ波動」を1波動と見ています。日柄は「暦日」

<2010年>

 下降日柄              上昇日柄
4/26 → 6/7  42日       6/7 → 6/18  11日
6/18 → 7/2  14日       7/2 → 8/9  38日
8/9 → 8/26  17日       8/26→ 現在  14日経過

<2004年>

 下降日柄              上昇日柄
2/11 → 3/24  41日       3/24 → 4/6  13日
4/6 → 5/17  41日        5/17 → 6/23 37日
6/23 → 8/12  50日       8/12→ 9/7   26日
9/7 → 10/25  48日       10/25 → 12/28 64日

最初の下降波動と上昇波動こそ、日柄が似通っていたのですが、その後、6/18→7/2の「下降14日」で切り返している辺りから、強さを感じさせています。今回、8/9からの下降波動で帳尻を合わせる可能性もあった訳ですが、8/26をボトムに、明確に15日線を越えてきました。現在、14日経過しましたが、大きく下げる気配は今のところありません。又、底値はこの間切り上がってきています。

仮に、今回の上昇波動が平均的な30日程度になるとすれば、テクニカル的には、上昇トレンド転換を示唆するラインまで到達する事になります。引き続き、推移を注視しています。

追伸:日経マネー10月号に載りました。(61ページ目、126ページ目)嬉しい事です!!

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。現在トップ!!

※応援クリックよろしくお願い致します。ランキング銘柄(コメント)随時更新します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)