≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■下降日柄の考察 

 現在、225指数、新興指数とも揉みあいです。日本市場は、基本的にはボックスの動きと見ています。

 NY市場が、上値抵抗線突破をしてきている事から考えると、いずれ、日本市場も「上昇日柄>下降日柄」の局面を経て、ボックス離脱の動きとなる事を本線と見ながら、柔軟に対応していく方針です。

 どこからどこまでを「下降日柄」と取るかは、明確な定義を持って取る事は難しいのですが、自分なりに、なるべく客観的に下降日柄を取りながら、タイミングをはかっています。

 本日は、シンプルな下降日柄の考察です。

■下降日柄(営業日)

 2004年ボックス相場 12→32→13→12→11→ボックス離脱
 本年225指数    35→4→12→6→12→10
 マザーズ指数    15→13→6→11→4→10

 軽いダブルトップ、軽いダブルボトムはありますが、初期の30日超の下降日柄を経た後は、「メジャー下降日柄」は、10~12日が多くなっています。

 尚、2004年の場合は、最後の2回の上昇波動で、ボリンジャー+2σに触れた後、調整を経てボックス離脱となっています。今回、225指数は、1回、+2σに接触していますので、次か、その次の上昇日柄で、本格的な上昇波動がある可能性があると考えています。

 現在は、225指数は下降日柄7日後の1日小反発経過、マザーズ指数は標準的な10日の下降日柄後の反発局面です。

 マザーズ指数についても、10日間の調整による、切り上げ型のダブルボトムになる可能性が結構あり、そろそろ、それなりの長さの上昇日柄が来ても良い局面です。じっくりと買い仕込んでいる最中です。


←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。優勝しました!!

※応援クリックよろしくお願い致します。ランキング銘柄(コメント)随時更新します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ


スポンサーサイト


この記事へのコメント

全日本株式投資選手権、初めて耳にしました。

どのようなものえを競い合うのでしょう?

私も参加してみたいです☆
> 全日本株式投資選手権、初めて耳にしました。
>
> どのようなものえを競い合うのでしょう?
>
> 私も参加してみたいです☆

>はじめまして。
このブログのリンクから、レースのホームページをご覧になれます。
毎週1銘柄を登録し、3ヵ月の投資成績を競うものです。
刺激があるので、実力向上に役立つと思いますよ!!
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。