≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■現在の読み 

 本日も、225指数は小動きに終始しました。

 これで、13週線を取ってから、「13週線と26週線の間/6週目」となり、異例のチャート形です。過去20年遡っても、私が見る限り1回もありません。

 この位置にあるチャート形としては、「4週目辺りで下に触れてW底形成/下降」、「すんなり26週戦突破」にニ分されるのですが、今回は、どちらにも当てはまらず、現在の強弱感がいかに拮抗しているかを表していると思えます。

 JQ指数の位置、マザーズ指数の崩れ方から見て、「一旦は下」の確率も高いと見ていましたが、本日、CMEが下げているにもかかわらず、小幅高している事から、又、難しくなっています。本日の所は、「上」の確率が若干高くなったと言えそうです。

 ただし、ボリンジャー+2σに一回触れている事を考えると、一旦下に振れても、次の安値は切り上げてくる可能性が高く、チャンスベット可能な水準ではあります。

 JQ指数は、昨年11月より高く、動かないなりに、強さは見せています。一方、マザーズ指数は、安値更新となりました。武富士→みずほ、DeNA・グリーと、新興指数を直撃する1部市場の銘柄が大幅に崩れた影響が大きかったようです。又、これまで、2.5.8.11月と綺麗に安値リズムを作ってきましたが、さすがに多くの投資家が気づいているようで、これに、期日売りが重なり、「ボトム前倒し」になったと見ています。

 マザーズ指数については、「全体指数5日線割れから5日程度」「安値更新から5日程度」経過しましたので、もう、あまり怖くない日柄と見ていますので、明日より買いで勝負していこうと思います。

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※応援クリックよろしくお願い致します。ランキング銘柄(コメント)随時更新します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ





スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。