≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

■本日の相場 

 本日も、225指数・新興指数とも小動きでした。

 中国だけでなく、欧州高官も米金融緩和に異論を唱える向きもあり、FOMCを控え、小動きになるのは、やむを得ない所です。

 株価の動きの本番は、FOMCの後でしょうが、明日・明後日と露払い的な動きは出てきそうです。

 仮に米国金融緩和の度合いが小さくなった場合は、米国株が軟調になる場合も想定されますが、円安ベクトルとどちらが強いかが問題で、日本株のチャート自体に着目し、過度に思惑に偏った投資判断をしないように心がけたいと思っています。その場合は、新興国市場は動揺するでしょうが、日本株とは「代替」の部分もあり、この辺も微妙な所です。

 総合的に現段階で判断すると、「日本株の相対的な位置」については、8月以降の上昇率がここまで小さい事を踏まえると、あまり悪い事にはならないと判断しています。

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※機は熟したようです。ランキング銘柄再開します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ




スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)