≪ 2017 06   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - - -  2017 08 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■狙っていく銘柄群 

 225指数は、13週線と26週線の間で長期の揉み合い、一旦下にぶれるのは、ある意味セオリーでした。上にいく場合は、13週線を奪取後、2~3週で26週線を取ってくるのが標準形です。

 今回、下振れはしましたが、その段階で十分に下降日柄が経過しており、「日柄買い転換」が狙える日柄でした。そして、13週線と26週線を一気に取ってきました。私としては、読みやすい相場展開でした。

 銘柄については、今回は、「世界的な金融相場」ですので、素直に、不動産・証券・VC・ファンド・素材を狙っています。

 不動産については、9月にムーディーズが日本の不動産市場の格付けを上げる際、アジア系資金が日本に入ってきている事を指摘しています。日銀のREIT買い取りが無くとも、上昇タイミングと見ていました。証券については、久々に、8604野村H、8601大和証券Gが、すんなりと上値を取ってくるチャートに映ります。証券株は、6ヵ月程度の調整があると、「相場が下がる前提の値段」を付けるので、全体相場が買い転換するのであれば、かなりの上昇率となるのが普通です。その意味では、8595ジャフコ・8739スパークス等も、この段階で買って、相場が上昇転換すれば、面白いと見ています。穴株では、8699澤田H。モンゴルの銀行事業は、資源が注目されている現在では、刺激材料となりそうです。

 新興株も、4751サイバーAがしっかり動いてきたので、動意付くと思います。尚、私が3815メディア工房や2167ウェブマネーを狙っているのは、継続的に、「決算予想が保守的」と見ているからです。保守的な予想を出して、下に振ったところで捕まえておけば、まず大丈夫と踏んでいるからです。

 新興株については、(いつもの海外ファンド解約通知期限などの日柄読みで)、今月中旬以降の方が上昇確率は高くなってくると思っていますので、まずは一部市場の不動産・証券等で一回転してから、回り込む方針です。

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※機は熟したようです。ランキング銘柄再開します。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ




スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。