≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

■反省を活かす 

 たまには、反省をしてみたいと思います。

 選抜レースは、現在、+18%程度、特に悪い成績ではないですが、ケネディクス→ジャフコ→ngi と回して18%は、ほめられた成績ではないでしょう・・・。原因はケネディクスの登録タイミングの悪さと、「引っ張りすぎ」です。この間、例えば、ブログで取り上げた4348 インフォコムは相対的に強いパフォーマンスを見せています。

 これを、JQTOP20等のチャート以外の原因で分析する事も可能ですが、あくまでも、「チャート」で原因分析をしてみました。(ただし、サンプルは少なく、今後の課題です。)

■共通点

・両者とも、「25日線突破→短期押し→上昇2波の3日目で一旦高値」となってる。

■比較
             高値  高値の25日線乖離率 安値 下落率  その後の高値と上昇率

4321 ケネディクス    17,440   +13.9%    14,780  15.3%   23営業日で+22.5%
4348 インフォコム    104,600    +24.4%    95,600  8.6%   16営業日で+28.5% 

 両者を比較すると、「高値の乖離率が高く、押しが浅いインフォコム」がその後、短期で上昇しています。

 ケネディクスの方は、「一旦揉み合いに入り、その後、揉み合い突破後に上昇」しています。(現在は、上記安値から、+40%超)

 短期的には、「初期波動が強く、その後の押しが浅く、次の上昇日柄で余裕を持って高値を突破しやすい」インフォコムに軍配があがっています。「初期波動が普通、押しがそれなりに大きい」ケネディクスは、揉み合いに入り、突破後に強い動きとなっています。(その間、待たされています。)

 サンプル数は少ないですが、サンプルを増やしても、同じ方向の結果になるような気がしています。


←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。前回優勝!!

※ランキング銘柄・コメント、随時更新します。とりあえず、更新しておきました。


人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ




スポンサーサイト


この記事へのコメント

連日投稿ありがとうございます我我のような凡人が反省もしないからその差が歴然です!
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)