≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

投資手法の模索(自己分析シミュレーション) 

直前の記事で、レースの登録銘柄を検索し、「単純保有」した場合に、2ヵ月間に+8.7%となった事を書きました。
ただし、これだけではあまり意味がありません。新たな投資手法を模索しなければいけません。

時計の針を、レーススタートの7月6日に戻し、新たな投資手法を考えてみました。
(7月6日の時点で、登録銘柄10銘柄をリストアップしていたと仮定します。)

①7/6以降に、最初に25日移動平均線を下から上に突き抜けた日の終値で買う
②10日間所有し、10日後(営業日)の引値で売る。

2492 インフォマート  9/1買   +9.3%
2315 SJI        9/15買  +12.5%
6885 ミヤチテクノス  8/10買   -7.0%
8838 有楽土地     7/31買  +48.4%
3745 サミーネット   7/16買  +3.8%
2489 アドウェイズ   10/1買   -2.7%
4093 東邦アセチレン  8/15買  +12.2%
7575 日本ライフライン 10/13買  +1.4%
8411  なし
5707 東邦亜鉛     7/23買  +13.1%

 ■10日間(2週間)の平均上昇率は+10.1%

 登録銘柄の単純平均が2ヵ月で+8.7%(平均)ですから、はるかに上回ります。仮に、8838有楽土 地が「出来過ぎ」として削除したとしても、大幅に単純保有平均を上回っています。この手法だと、2 492や2489の一番おいしい部分がとれていませんが、反面、3745や6885に引っかかることなく、「短期で回転」します。機械的なので、「実行可能」です。

 実は、2週間で「平均+10%」というのは凄まじい数字で、信用・複利で回していくと凄い事になりま す。皆様も、ご自分の銘柄で検証してみたらいかがでしょうか。
 
 新たな発見があるのではないかと期待します。


FC2 Blog Ranking



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)