≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin

■選抜レース/売り、買い、交互のスタンス 

 選抜レースは、8期目。8期連続プラスを狙います。

 レースでは、震災後は、4819Dガレージ買い、1893五洋建設売り、1407ウエストH売りと、買い→売りとスタンスを取っています。この「ジグザグスタンス」は、しばらく継続するつもりです。

 現在の読みですが、いつものように、恣意性が少ないJQ指数等を見ていくと、日柄的に、来週には再度買い日柄になる事も予想しています。 

 撹乱要因の一つは、NY市場、先行性の高い商品指数は、先週で短期上昇いっぱいのチャート形にも見えます。供給側への考察が多いのですが、供給側は、増産である程度平準化される話で、需要側を織り込みにいっている可能性を軽視すべきではないと思っています。おそらく、織り込みに言っているのは、米国の「金融緩和の逓減傾向」。中期的には、「最初の利上げ織り込み」がどのタイミングになるか、見計らっています。いずれにせよ、徐々に各市場は織り込みに行くと見ています。

 スケジュール的には、4月末から5月の、「決算跨ぎ、リバランス対応」期間を控えているので、買いポジションを取るにしても、なかなか腰は入らない状況です。

 震災の影響については、原発が「特異ケース」なので、原発ばかり取り上げられますが、実際に実体経済への影響が大きいのは、当然、「部品供給問題・その後の生産拠点の海外への空洞化」です。従って、決算跨ぎの時期は、かなり見送りムードが強くなる事が予想されます。一方、買い視点からは、その辺りで「ビッグチャンス」が到来する可能性があります。

 自分は、225指数・新興指数との連動性の高い銘柄については、今週の売りから、来週の短期買い場を窺うスタンス、復興関連と囃されている銘柄群は、数ヵ月スパンで、腰を据えて売りっぱなし予定です。少々上がっても全く気になりません。正直、勝算は100%に限り無く近いと思っています。

←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。2010年夏季優勝

※応援クリック、よろしくお願い致します。現在、51位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)