≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■テクニカルで買い戻す 

 現在、短期・中期ともに非常に「難しい」相場が続いています。
 
 こういう時、「実戦」では、「買い日柄/売り日柄を読む」ようにしています。

 極端な話、「しばらくボックスの動きをする」という相場もあり、そのような時に、上にいくか下にいくか、一生懸命経済指標などを読んでも、答えは、「横ばい」である時もある訳です。

  ・・・では、それでは打つ手がないかというと、そうでもありません。一例として、10年6月以降の「下げ気味ボックス相場」を「売り」で対処するケースを検証してみます。

■2010年6~11月のマザーズ指数 :「10日線割れ」→「短期ボトム」の日柄と10日線乖離率

10日 -3.9
4日 -2.6
9日 -3.3
3日 -2.3
7日 -1.5
10日 -4.0

平均 7.2日 -2.9

 昨日時点で、「10日線割れ10日、乖離率 -2.0」・・・という事で、一旦買い戻しといきました。選抜レースでも、買い戻し、割とうまくいっています。

 勿論、経済指標や、各市場のチャートはいつものように読んでいますが、「それはそれ、テクニカルはテクニカル」で割り切っています。自分では、トータルプラスを継続する秘訣とも思っています。


←※全日本株式投資選手権のリンクを入れました。2010年夏季優勝

※応援クリック、よろしくお願い致します。現在、57位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。