≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin

■現在の大局観 

 昨日の記事「設備投資循環」についてですが、6月初めの報道によると、2011年度の計画は、全産業ベースで2010年実績比15%増・・という事で、基本的には上向きの循環下にあるようです。

 この設備投資循環に対するマイナス要因として、中国および新興国の景気減速懸念があった訳ですが、これも、中国市場の物価指数が安定した事により、安心感が出ているようです。6301コマツの株価が象徴的です。大きな党大会を2012年に控えた中国が、強い景気減速に至るまで金融引き締めを行うとは(個人的には)思えず、プラス要因でしょう。

 今後、直近の米国を中心とする弱含みの経済指標について、一時的要因の影響が大きい事があきらかになるにつれ、上昇機運が高まってくる事を予想します。世界の株式市場が高値更新の地合いになれば、日本株の出遅れは顕著であり、上昇が期待できます。

 為替については、QE2の終了はむしろ「プラス要因」であり、これもボディーブローのように効いてくると見ています。

 ネット関連については、(個人的見解ですが・・)、仮に売りターゲットがあったとするならば、「中期1波動で株価4倍」を達成した4819Dガレージのような気がしています。これも、2009年相場、「4倍→200日移動平均線乖離率11%」で調整終了した前歴があり、既に、30万円割れで「買い戻しタイミング」です。

 収益のバックボーンがある、グリーやサイバーAを、本気で中期で売り仕掛けるとは(個人的には)考えづらいものがあり、ネット関連も、来週以降、落ち着いた動きになると思います。日柄的にスタートトゥが速そうな気がするのも、変わっていません。

 尚、太陽光関連は、突っ込んだ所を再度拾っておけば、悪い事にはならないと読んでいます。


※なるべく多く更新しようと思っているので、応援クリック、よろしくお願い致します。
 現在、25位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ





スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)