≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■失敗した話 

 週末の相場は失敗しました。

 まあ、正直に書きましょう。それが自分のブログですから・・・。虚勢を張る必要もないので・・。

 水曜は、「下髭陽線」、確率論的には、木曜いっぱい・金曜前場までは上昇となる事が多く、下がるにしても、金曜辺りに陰線・上髭で下がる事が多いものです。

 実際、木曜は前場は堅調、・・・・そこで「介入」が入りました。新興ネット関連は、大型株物色のあおりを受け、軟調・・・・。ここで売るべきでしたね・・。

 「介入効果が落ちた時、再び新興物色」・・・と読んで木曜引けは「持ち越し」。

 結果、NY急落が直撃しました。
 
 まあ、こんな日もあります・・・。

 ちなみに、こういう時、自分は、「一旦、全玉処分」します。この辺の感覚は、デイトレに近い。本日どうなるかわかりませんが、少なくとも昨日のNYのチャート、「壊れてます。」

 週末、「木曜のNYは下げ必至」だったのか、考えてみます。そうであれば、そもそも、日本時間の木曜に買う事自体が間違いだったという事でしょう。自分は、まだまだ、甘い。

 ・・・という事で、心機一転、今後を読んでいきます。

 なるべく多く更新しようと思っているので、応援クリック、よろしくお願い致します。
 「誌上ファンド」とか、やらなくて良かった・・・・。(本音)
 
 現在、35位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ





スポンサーサイト


この記事へのコメント

自分も今回はヤラれました。
サイバー、クルーズの決算出尽くしの下げを買い下がってたところ、ダメ押しを食らった感じです。

気になっているのは、今後の展開です。
というのも、リーマンショック以降、各国とも積極的な財政出動&金融緩和を行い、これまでマーケットを下支えしてきましたが、各国が債務総量の圧縮を迫られる中で、これ以上の金融緩和は難しいと思われるからです。

一方、サブプライム時のダメージから抜け切れていないアメリカの住宅市場を見ると、金融機関等の不良債権処理が思うように進んでいないことも窺えます。

 また、欧州不安では、市場の関心が本命のイタリア・スペインに移ってきています。
 欧州不安の根本にあるのは、ユーロ維持のシステム的な問題で、今後、持続可能なスキームを打ち出せるかどうかが焦点ですが、小国ギリシャであの混乱ぶりですから、正直難しいと思っています。

これらを考えると、今回のNYの下げは、政策の限界に対する失望売りの側面があり、2009年3月以来の上げ相場の転換点となる可能性も心配しています。

今後、レンジ相場となるのか、下値を切り下げていくのか、注目していきたいです。

日経・新興市場は正直業績もいいし、下値は堅いと思っているのですが、どうしてもNYに連動するので、ポジはサイズダウンして様子見していきたいと思っています。
この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。