≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

■チャート確率論 

 自分は、ブログ始めた当初から「チャート統計派」と思っています。

 すなわち、チャートは確率論であって、絶対では無い。

 ただ、「確率」ってものは有るわけで、そこに「セオリー」がある。確率の低い方にいくのであれば、それは原因を探り当てて対応を考える訳です。

 お盆休み、暇なので、人の株予想を見ていましたが、正直、「基本わかってんのかな?」というのが多いです。

 はっきりと例を出して、ナスダックで言いましょうか・・・

 「急落後、最初に10日線に振れた位置(2550P前後)が、直近数ヵ月のボトムの位置(2610P前後)より低い」

 株式に限らず、他にも色々と相場はありますが、「この形」を探してみれば、「確率論」はわかるはずです。

 「急反発する確率は低く、下降継続となる確率が高い」・・・これが「確率論=セオリー」です。


なるべく多く更新しようと思っているので、応援クリック、よろしくお願い致します。

 現在、18位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)