≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■信じ難い下落の初速度 

 現在のNY市場の「下落初速度」ですが、計測上、信じ難い初速度となっています。
 
 自分のチャート解析の特徴として、上昇にしろ、下降にしろ、「初速度をはかる」のは、いつもの事ですよね。米国債の金利軸に着目しているのも、いつもの事で、ブログを継続してみて下さっている人は知っている事と思います。米国債の金利の下げは「見た事が無い」状況ですが、下落初速度も同様です。

 従って、この分析は、特に不安をあおるようなものではなく、「いつものように普通に分析」している訳ですが、少々、信じ難い数値です・・・。

■25日線乖離率(ナスダック)

~2008年3月までの「1段下げ」の最大乖離率 -9.8%

今回、2011/8/8の乖離率  -14.5%

■~2008/11月までの暴落時の下落初期
75日線割れ 8/29 2,367  
1ヵ月後   9/29 1,983 25日線乖離率 -11% (暦日1ヵ月で -16.2%下落)

■今回の初速度
75日線割れ 7/27 2,764
       8/19 2,341 25日線乖離率 -11% (暦日23日で -15.3%下落)

 これは、「事実としてこうなっている」という事で、とりあえず、「買いはありえないでしょ・・。」としか言えません。

 尚、現在の時刻で、NY市場は上昇していますが、実は、上記の2008/9/29以降、一旦、25日線乖離率は-7%まで縮小し、その後、乖離率-21%まで下げ続けます。

 誤解を招かないように言っておくと、「今回同じような軌道を描くだろう」とは言っていません。現段階では、事実として、下落の初速度は、2008年末の暴落時を上回っているという事です。

なるべく多く更新しようと思っているので、応援クリック、よろしくお願い致します。

 現在、20位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。