≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

■波動の法則 

 明日、初めてのオフ会です。

 17人の方が参加されます。本当にありがとうございます。

 まずは、自分が相場観を話しますが、話を有意義・効率的にさせて頂くために、最初の部分を話します。まずは、テクニカルの基本の話をしますが、自分が「波動の原則」と思っている事です。便宜上、「買い視点」で下記を記しますが、「売り視点」でも同じです。

①水平に線を引き(中心線)、音波のような、上下均等の波を書きます。

②そして、どの位置で「買い」、「売り」を選択するか考えてみます。

③上昇波動について、真ん中の中心線を抜けた所が「移動平均線突破買い」です。

④下降波動の終点、「ボトム」で買う場合は、「下降日柄の長さ」がポイントです。

⑤次に、中心線を「右肩上がり」にしてみます。そして、音波を書いてみます。

⑥最初の波を書くとき、自然と「初速度」がつきます。これが、自分がいつも注目している「初速度」です。

⑦次に、上昇の一つの波に着目します。3波動位に分割します。1<2<3と、波動を大きくして見て下さい。そして、どの位置で狙うか考えます。

これが、自分が考える「波動の法則/基本」です。

実際のチャートを見てみます。ポイントは次の通り。

①中心線が、中期で右肩上がりになる銘柄群と、短期でのみ右肩上がりになる銘柄を見分けます。
 「業界全体にフォローが吹いている場合」は前者、「・・・関連」のようなものは、後者が多い。
 「中心線」の推移を見て見分けます。

②安く買う事ばかりを考えると、⑦の第一波動が気になりますが、実際は、第二、第三波動の方が見分けやすいし、波動も大きい。

この視点を持って、たくさんの銘柄の「週足」「月足」を観察してみます。

そして、「大局観」をしっかりした後、「日足」を見て、短期で勝負できるパターンを抜き出します。

なるべく多く更新しようと思っているので、応援クリック、よろしくお願い致します。


 現在、24位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)