≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■選抜レース2度目の優勝/勝因分析 

 全日本株式投資選手権、2度目の完全優勝を達成しました。

 応援して頂いた方、本当に有難うございました。

 冷静に、勝因を分析してみます。

 昨夏、今夏、「全体調整時」に優勝しました。・・・自分でも新しい発見・・というか、「勝負パターン」を発見したような感じがしています。昨夏は 3815メディア工房、今回は 2158 UBIC の上昇をきっちり捕まえました。簡潔に言うと、「全体相場に逆行高した銘柄」を捕まえた事になります。

 「暴落時の赤札銘柄」という格言がありますが、それは、「一日」の事です。もう少しスパンを長くして、例えば、週足ベースで全体に逆行している銘柄があったとします。

 「売り需要」は全体相場と同じく、あったはずです。従って、上昇基調を維持するだけの「売り需要を上回るプラスベクトル」があったという事だと考えます。

 ・・・更には、「テクニカル/順張り需要」・・という、数値ではとらえにくい需要が、数少ない銘柄に集中した可能性もあります。

 そういえば、カラ売りの局面で、「上方で粘っていて、まだ、下げ余地がある。」と感じた銘柄の売りで損をした経験も思い出されます。「プラスベクトルが強いから上方で粘っている」訳で、負けるべくして負けたのだと、今では思います。この場合も、「下げ余地がある」と考えるべきでなく、「売り需要を吸収して、この株価にある」と考えるべきなのでしょう。

 ネット関連のように、月足ベースでは上昇を維持している銘柄はありますが、週足・日足ベースで上昇を維持している銘柄は、現在は本当に「少数派」なので、今後、UBICと同様の軌道を描く可能性もあり、再検証をする事にします。


なるべく多く更新しようと思っているので、応援クリック、よろしくお願い致します。


 現在、27位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ



スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。