≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

■来週のポイント 

 来週は、225指数・新興指数とも、「13週線を抜けて引けるか」に引き続き注目です。

 既にマザーズ指数は13週線を捉えています。新興指数は、「投げ売り安値」を付けるので、弱いときは弱く見えますが、長期トレンドで引き続き、純粋に上昇形を保っているのは、日本市場では、「マザーズ指数」、個別銘柄では、「主力ネット銘柄」だと思います。

一部市場では、「ハイテク株/半導体関連」の東エレ、東京精密は、一足早くボトム打ちし、欧州危機の中でも上昇形を全く崩していないので、関連銘柄は引き続き注目です。

 新興の主力の有力銘柄、サイバーAとDガレージですが、現在は、「底打ち→25.75日線ゴールデンクロス」の後、「75日線<株価<25日線」という「溜めのゾーン」にいます。昨年末も、このゾーンから25日線上抜けが「発射」のサインとなりましたので、要チェックです。

 一方、突っ込んだ新興の小型株の多くは、「25日線<株価<75日線」のゾーンにいます。

 新興市場では、「第一ボトムは主力銘柄、第二ボトムは中小型株が面白い」が自分の持論ですので、チェックしみていただけたらと思います。昨年末も、同様となっています。

 従って、現在は、「新興を中心とした中小型株」が、「75日線を突破して勢いがつくタイミングを狙う」のが妙味があると考えています。売られ込んだ後なので、ボラティリティが高いのが魅力です。その後、新興主力株の25日線突破を確認し、中期で狙います。中小型株が勢いづくタイミングで、主力株はまったりすることも良くあります。

 中小型株の流れの一環で代替エネルギー関連が強ばっており、短期と割り切って乗るのも面白いですね。ただ、自分はハイテク中心にポジションを組みます。一部市場のハイテク株に日柄遅れる習性も加味しています。

 尚、マザーズ指数は、「7~9月の高値を結んだ抵抗ライン」に対し、10月末はこのラインで抑えられましたが、現在は突破してきています。「煮詰まった後」は、高値抵抗ラインを突破しやすくなるものです。


※なるべく多く更新しようと思っているので、応援クリック、よろしくお願い致します。
 現在、30位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ





スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)