≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■早く、強い初期上昇波動 

 1/22日に、2010年の相場と比較し、「NYダウ高値奪回ポイント」前後の日本市場の動きを考察しておきましたが、それに若干肉付けします。


■2010年末の相場

・NYダウの数ヵ月前の高値   11,205 P
・NYダウの高値奪回 2010/11/3  11215P

日本市場の動き

・ 225指数  11/4 + 198、 11/5 +267 → 2011年2月高値へ
・ JQ指数   年初来安値 11/4 → 2011年2月高値へ

■225指数/2010年11月2日(急騰の前営業日)の位置と、今回の位置

2010年11月2日  75日線下 -2.2% 、26週線下
今回       75日線上 +2.7% 、26週線上

■JQ指数/同
2010年11月2日  年初来安値更新中
今回       26週線突破

 NY市場と「単純比較」すると、「弱い、弱い」となるわけですが、国際的な選好順位を加味した物の見方をすると、「今回は、2010年末に比べて、早く・強い」と言えます。

 一般的な確率的には、「初期波動が強い」 → 「波動が大きい」となり、ブログでも既に検証済みです。

 今回、来週の波動で、「強い」事もはっきりと確認したいと思っています。

 感覚的に言うと、8604 野村証券、8595ジャフコ等を見ていると、「本格波動の可能性大」と思っています。海運等も、セクター全体で上昇した動きを見ると、もはや、「材料株物色」というような域ではなく、「セクター単位の割安修正の始まり」と思っています。

 尚、JQ指数でいうと、2009年3月以降の3回の数ヵ月スパンの上昇で、最も株価が跳ねるのが、「26週線突破後の3週間」となっています。今回も、値が跳ぶ銘柄が続出する可能性は高そうです。 
 

※なるべく多く更新しようと思っているので、応援クリック、よろしくお願い致します。

地合いも良くなってきたので、そろそろ上昇させて下さいね!!^^

現在、40位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ








スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。