≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

■現在の大局観 

 現在の大局観ですが、基本的に全く変わりません。

 「上昇予想」です。一番の狙い目は「不動産」ですね。

 ・・・全然変わらないので、何を書いてよいのか困ります・・・・。このブログは、自分の株式売買の記録をしたいという趣旨ですので、変わらないのであれば、書かなくても良いのでは・・とも思ったりします・・・。

 不動産の指標株の三井不動産ですが、「7日押し、25日線」ライン。標準的な調整です。75日線乖離率「28%→17%」・・・初期波動(強さ)としての十分性と、上昇基調を崩さない適度な調整カーブです。

 三井不動産は、2003年、2009年の時は、一旦、25日線を下にくぐる調整後、再上昇していますが、「長期ボトム直後相場」で「対象外」です。・・・この辺が、自分の特徴なんでしょうね。

 2010年も軽く一相場あり、一旦三角持ち合いに入り、その後上昇していますが、これは、初期波動の十分性が不足しています。

 比較可能なのは、「2005年型=25日線サポート型」位でしょう・・。ただし、恐ろしい事に、この時より、自分の物差しでは、テクニカルでは「今回の方が強い」のです・・・。

 あまりブログでは書きませんが、ファンダ分析も行っているので、「2005年より更に強い」という必然性も無いようにも思えますが、その意味で、今後どうなるのか、個人的に非常に楽しみです。

ただ、「セクターの強さ」は相対的なものが大きく、「世界の中の日本株の位置の上昇」「他セクターに不安がある」という状況であれば、更に強くなったとしても、特段驚きもありません。

 万が一、調整がきつくなれば、テクニカル的に見直さなければいけませんが、現段階ではその必要はないように思っています。


※応援クリック、よろしくお願い致します。


現在、40位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ








スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)