≪ 2017 08   - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  2017 10 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■微妙 

 現在は、「景気減速のマイナスベクトル」と、「金融緩和と政策期待のプラスベクトル」の力比べ相場と見ています。

 また、現在の米国マクロ景気が減速下では、日本市場は米国市場に「日柄連動するも、抵抗線突破までの連動は疑問」との見方をしています。米国緩和期待について、為替のマイナス面から素直に好材料と受け入れられないのが現状です。

 このような、「異質の力が力比べをしている状況」においては、やはりテクニカルで観察していくのが重要と思っています。

 現在は率直に言って、「微妙」としか言えません。米国市場は3角持ち合いを継続中で、現在は下辺から上辺へ移行した所ですが、まだ、何とも言えません。また、日本市場は、「日柄連動すれども、抵抗ラインはかなり違う位置」にいる状況です。日本市場は、まだ、13週線ラインでどのような動きをするかもわからない状況で、買い転換と判断するのは早すぎます。

 日柄から言っても、短期上昇日柄4日目に入るところで、現状では6~7日程度かな・・・位の感覚で見ていますが、まあ、その位が「標準」位の意味で、絶対視している訳でもなく、まさに「微妙」なところです。

 このブログは正直ベースで書いているので、「微妙なものは微妙としか言いようがない」ですね。

← 全日本株式投資選手権のリンクです。読者の方が、参加の上でコメントしてもらえると楽しいと思います。

応援クリック、よろしくお願い致します。


現在、40位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ







スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。