≪ 2017 07   - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - -  2017 09 ≫
*admin*entry*file*plugin

■現在の大局観 

 引き続き、難しい相場が続いています。

 NY市場は、再び持合いの上辺に来ています。ただし、この時期での雇用統計の好転は、金融緩和期待を後退させる効果もあり、評価は来週を見てからの方が無難です。

 日本市場のテクニカル判定も、来週足を引いてから判断する方が無難です。軽く調整を挟んだので、再び上昇日柄が始まる可能性があります。一方、ここから先は戻り売りが出る水準であり、一本調子に上昇するのも難しそうです。

 「イベント週」は、とにかくチャンスと狙って積極的に「IN」してくる投資家が多い訳ですが、実際のところ、ギャンブル的発想です。「強い」投資家は、不確定要素が強い時期よりも、「地相場」で確率の高いトレンドを読み切ることに集中するタイプが多いような気がします。(主観的ですが・・。)

 来週以降、面白そうですが、基本的には、「トレンドに素直に反応する」ことを心がけたいと思っています。依然として、微妙な所で、「判断を留保する事を決定する=決めないという事を決める」というのは、勝負事で大事な考え方と思っています。

←全日本株式投資選手権のリンクです。読者の方が、参加の上でコメントしてもらえると楽しいと思います。

応援クリック、よろしくお願い致します。




現在、40位近辺です。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ







スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)