≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin

「5411 ジェイエフイーH」 「5707 東邦亜鉛」 /生産アップに追随方針 

 先週は225指数が26週線を突破してきましたが、5411 ジェイエフイーH 5707 東邦亜鉛も順当に上がってきました。

 11月中旬まで、両銘柄とも軟調な展開でしたが、これは、「円高」と、「9月生産高停滞」によるものと分析しています。粗鋼生産高は、6月の6,476→8月8,306(千t)と順調に回復しましたが、9月が8,268(千t)と横ばいとなりました。しかし、10月に8,860(千t)と、大幅に上昇しました。BRICS中心に、資産価格を政府が牽制しながら、順調な回復軌道を示しているので、順当な数値と思います。

 一方、亜鉛に関しては、生産ベースでは、6月の50,353(t)から、7、8月は30,00t台、9月は43,412tと推移し、株価が軟調な一因にもまりましたが、10月では51,687tと大幅に伸びました。

 実は、亜鉛に関しては、生産は7~9月は伸び悩んだのですが、出荷は順調でした。結果、在庫は、5月の55,571tから10月の22,130tと大幅に減少しています。亜鉛の商品市況も価格アップが鮮明になってきました。

 一方、為替ですが、雇用統計ののち、米政府が雇用対策を新規に出すようで、米国景況アップにつながるか注目です。いずれにせよ、世界の景気回復が鮮明になった段階で、欧米金利は緩和の反動(中央銀行買い入れ国債の反動)で上昇する可能性があり、円安ベクトルとなる事でしょう。

 決算に関しても、9月は順調だった事から、10月の生産が大幅アップした事で、安心感が増しました。来年は、BRICSを中心に一段と生産は伸びると推測していますので、この株価水準で仕込んでおく方針です。

応援クリック頂けると嬉しいです。実力者も多数いるようです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村http://ping.blogmura.com/xmlrpc/wl1jb7ys40dc株式投資ランキング

人気ブログランキングへ
>無料ホームページ
FC2 Blog Ranking

■リンクにある、「フクフク星人のマザーズ専科」もよろしくお願い致します。
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)