≪ 2017 04   - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - -  2017 06 ≫
*admin*entry*file*plugin

■リズムが大事 

 今年に入って夜間先物をやりだしてから体調が悪いです・・・。夜は寝ないとだめですね。

 ・・・という事で、2012年6月の「ボトム買い急所局面」の記事を再掲します。

 自分で自分の記事を見直すと、非常にしっくりきます。これがブログ書いている長所でしょうね。

<2012年6月の記事>

 さて、下記は、以前ブログに書いていた、「マザーズ指数の波動リズム」です。まあ、このあたりを参考に、ヒット&ウエーを繰り返しながら、ポジションを整えていきます。

 「突っ込み買い・噴き値売り」とスタンスを決めたら、「徹底する」事が大事だと思っています。波動は交互に来るもので、数十年続いている法則が突然崩れることは絶対にないと思っています。

 間違っても、材料に流されて逆に張らないようにしようと自分に言い聞かせています。。



■ギリシャショック日柄(高値・安値含む)/短期第一ボトム後

上昇8日 → 下降3日 → 上昇5日 → 下降13日 → 上昇11日 → 下降6日

■震災後日柄(同)

上昇5日 → 下降6日 → 上昇4日 → 下降9日 → 上昇17日 → 下降10日

/再掲終了


今回のJQ指数でいうと、次のようになります。
■今回

上昇4日 → 下降8日 → 上昇9日 → 下降7日 → 上昇2日中??

個人的には、2003年10月あたりのJQ指数が一番参考になるような気がします。経済環境が違っても、「リズム」っていう観点からは結構似てくるもんなんですよね。ただ、今回の日本の相場に関しては、明確に第二弾金融緩和をしているので、2003年当時の第一弾金融緩和後の「3段上げ後の調整局面」とは、日柄リズムが似てくるのは理屈に合っています。

<2003年10月のJQ指数の日柄/第一ボトム後>

上昇8日 → 下降6日 → 上昇4日 → 下降6日 → 上昇7日 → 下降7日 →上昇4日 →下降4日 →中期上昇


 今回、第2下降波の8日が少々長いのと、第2上昇波の9日が長いのが特徴です。現在、第3上昇波に入った可能性が高く、過去の相場では上昇日柄が結構長くなっています。今回の第2上昇波は、「FOMC期待」でしょうね。


←全日本株式投資選手権のリンクです。現在までの成績(3年半)は、約+900%です。


応援クリック、よろしくお願い致します。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ

スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)