≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■JASDAQ銘柄を狙う 

 先週の初め頃、「マザーズ専科」では、マザーズ指数を強気に位置づける理由の一つとして、JASDAQチャートを取り上げました。取り上げたのは、あくまでも、中期的な相場の趨勢を考えるには、ブレの少ない市場の指数の考察が効果的という理由からでした。
 
 しかし、先週の相場をみると、225指数・マザーズ指数全体では、急騰後の一服状態で、5日移動平均線を割り込む普通の調整でしたが、JASDAQ指数は、5日移動平均線に日中足ベースでタッチするだけで、引け値で割り込まない、非常に強いチャート形となり、見直しが必要です。

 春先の相場は、225のカラ売り銘柄の強烈な買い戻し、3年放置されたマザーズ・ヘラクレスの買いたたかれた銘柄の反発が強烈でした。新興不動産株などは、その象徴的存在でした。ただし、この段階で、異常な売り込まれ銘柄はある程度の水準まで戻し、その後は、業績回復を数値で回復する「確認待ち」の銘柄も数多く見られます。

 一方、JASDAQ銘柄の反発は相対的に小さいものでした。その代り、しこり玉も相対的に少なく、又、もともと最も割安感があるのはJASDAQ銘柄なので、「上昇第2ステージ」の前の現在、強い動きを見せているのかもしれません。

 もっとも、割安に放置される原因に「流動性の少なさ」があるので、出来高が増えてくる事が重要です。

 個別銘柄では、別格の「4755楽天」はすでに仕込んで見ているだけの状態。続く本命として、「4819デジタルガレージ」、値動きの良さでは自社株買い発表の「2330 フォーサイド」、割安な「6871日本マイクロニクス」、選抜レースで登録銘柄に指名した「7575 日本ライフライン」に注目しています。7575の「日本ライフライン」などは、2度の上方修正を行ったにもかかわらず、いまだ割安に放置されているので、再度買い増しする予定です。

■JASDAQ平均

225指数のように先物やオプションの駆け引きに影響を受けることも、マザーズ指数のように、特定の銘柄の影響もあまりありません。その意味で、「素直なチャート」を描きます。今回は、11月30日に「200日線突破」を果たしましたが、過去の200日線突破とその後の動きは以下の通り。

 2009/6~ 2009/9 3ヵ月上昇
 2005/1~ 2006/1 1年上昇
 2003/4~ 2004/5 1年1ヵ月上昇
 2002/3~ 2002/6 3ヵ月上昇
 1998/12~ 2000/2 1年2ヵ月上昇 

だましが全くありません。3ヵ月上昇が過去10年間の「最短」です。

■リンクにある、「フクフク星人のマザーズ専科」もよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村http://ping.blogmura.com/xmlrpc/wl1jb7ys40dc株式投資ランキング

人気ブログランキングへ
>無料ホームページ
FC2 Blog Ranking 
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。