≪ 2017 03   - - - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - - - - - -  2017 05 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■現在の相場観 

  現在の相場観ですが、やはり重要なポイントとして、米国経済指標を注目しています。

 「下降基調から、横ばいになってきた製造業系指数」「好調スパイラルが続いている、米国の雇用と消費」

 簡単にいうと、「景気後退では製造業が先行していて、いずれ雇用や消費が崩れる」株価の下げパターンとなるか、「製造業がいったん持ち直す」株価の上げパターンのどちらかになるかを見極めたいという事です。

 先月あたりは、「ISM製造業指数あたりは、50割れながら下げ止まり」「新規失業保険申請指数は、引き続き、かなりの低水準ながらも、直近では若干上昇気味」という事で、まだまだ難しい相場が続きそうな雰囲気です。

 一方、日本市場ですが、米国が上昇に転じた場合であっても、ドル/円が伴わない限り強い上昇にはならない可能性が高く、総合的には、「様子見」が自分のスタンスです。


←全日本株式投資選手権のリンクです。通算成績は約+2800%です。


応援クリック、よろしくお願い致します。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ






スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。