≪ 2017 10   - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 - -  2017 12 ≫
*admin*entry*file*plugin

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


■現在の大局観 

 現在のスタンスですが、「買い継続」です。

 継続して重視している米国長期金利でいうと、30年物金利が26週線を突破してきており、過去においては、日本株式はこのタイミングで強く推移する傾向があります。ちなみに、10年物金利との関係でいうと、これがフラットになると、上昇局面が終了しやすくなる傾向がありますが、現在はそうはなっていません。

 「米国金利と日本株式」の関係は、研究して損はないので、読者の皆様にもお勧めです。

 日本株のテクニカルでいうと、225指数は微妙な推移でしたが、JQ指数あたりは、「上昇→下降→横ばい」で24ヵ月線を大きく割り込まずに推移しています。これも一般的な傾向から考え、「完全な下降相場に推移せずに、横ばいで推移する」事が、その後の上昇を示唆していると読んでいます。下がるときは、一気にいくものです。止まってしまうと、上昇転換の可能性が高くなります。

 一方、225指数は円高の影響もあり、微妙なテクニカル推移でしたが、米国金利・新興指数の推移と併せて考察すると、これも今後トレンドを回復する可能性大と見ます。

 個別銘柄でいうと、先週あたり、大型株の回復のタイミングで軽く調整している、情報ソフト関連が面白そうです。

←全日本株式投資選手権のリンクです。通算成績は約+2800%です。


応援クリック、よろしくお願い致します。



人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ





スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。