≪ 2017 05   - - - - 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 -  2017 07 ≫
*admin*entry*file*plugin

■8595 ジャフコ 「素直なチャートと、新興市場の先行性」 

 現在、私は、半導体関連(スクリーン、マイクロニクス)と、新興本命株等を中心に、ホールドしています。半導体は堅調ですが、新興本命株は、いまだ強弱感が対立しています。

 今回取り上げるのは、「8595 ジャフコ」 タイトル通り、「素直なチャートと新興の先行性」に注目しました。

 ジャフコは、VCの最大手であり、全体相場の影響を強く受けます。このジャフコが、春に75日線を抜けてきたのが4月2日、2000円でした。全体相場の堅調を受け、4月23日には、3.630円の高値をつけます。上昇率は、ざっと「80%」で、十分すぎる上昇率です。今回、1月7日に2,420円をつけ、75日線を抜けてきました。決算にらみではありますが、1部市場の大手銘柄は、新興ほどは、当期の決算悪の心配しなくて良いと(個人的には)思っています。(銘柄の特性次第ですが、この類の銘柄は、むしろ、決算は過去の数値として、あくぬけ感が出る可能性が大きいという意味です。)

 ジャフコについては、アナリストレポートが出る時も、「純資産+株式含み益」に着目される事が多く、全体指数が強いときには、素直なチャートになる事が多く、今回も同様となる可能性が大と読んでいます。

 銘柄特性から、新興市場の先行性も強く、春先の新興市場の急騰(4/23)は、ジャフコが75日線をとってから、約20日後に当たります。今回に日柄を当てはめると、1月28日です。この意味で、現在の、新興本命株買いは、私からすると、「チャンスベット」に該当します。今回も、1月末に急騰となるか、注目しています。私の目安としては、マザーズ指数が25日線上をキープしていれば、きっかけがあれば一気にいくと思います。その意味では、現在が正念場です。

 参考までに、ジャフコが前回75日線を割れたのが9月2日、マザーズ指数は、9月24日の467.79までは強張りましたが、その後11月19日の356.19までの急落となります。「リスク管理=危険シグナル」としても有効な銘柄です。

 勿論、ジャフコ自体も有望と思っているので、私はホールドしています。・・・というか、ジャフコから先に乗っていくのが、私としては一種のセオリーです。(ジャフコと同様の理由から、4310 DIなども、そろそろ買い時かなと思っています。)

 ■リンクにある「フクフク星人のマザーズ専科」もよろしくお願い致します。(先日の記事は 「マザーズ指数25日線突破」です。)

 ■お手数ですが、是非、応援クリックおねがい致します。現在、下降中です↓↓。悲しいです。

人気ブログランキングへにほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村http://ping.blogmura.com/xmlrpc/wl1jb7ys40dc株式投資ランキング

人気ブログランキングへ
>無料ホームページ
スポンサーサイト


この記事へのコメント

この記事へコメントする














(△お好みの文字サイズになるまでクリックしてください)